DODから四角錐型ティピーテント「ワンポールテントRX」登場

DODワンポールテントRXキャンプグッズ

DODからアウトドアパーク2021でも展示されていた「ワンポールテントRX」が新たに登場しました。ファミリーサイズの進化型ワンポールテントということで、フロアが四角形構造になっています。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ワンポールテントRXの特徴

ワンポールテントRXの主な特徴を見ていきます。

正方形フロアで組み立てやすい

一般的なワンポールテントはフロアが五角形、六角形になっているものが多いですが、ワンポールテントRXのフロアは正方形になっており、立てると四角錐型になります。

フロアが正方形になったことにより、ペグダウンの本数が減り設営しやすい、内部空間にデッドスペースが少なくレイアウトが少ないというメリットがあります。

DODワンポールテントRX
出典: DOD

メッシュ、フルクローズでオールシーズン対応

サイドウォールの2面を完全にクローズすることもできるため、冬場や雨が強い時などに便利です。また、インナーはフルメッシュにもできるため、夏場に重宝するでしょう。

オープンにできないもう2面には大きいベンチレーションがついており、頂点部分にもベンチレーションがあります。ポリエステル製であるため、通気性を上げる工夫がされています。

DODワンポールテントRX
出典: DOD

チーズタープMと相性抜群

DODの人気商品チーズタープMとセットで使いやすくなっています。

DODワンポールテントRX
出典: DOD

トンガリハットをあわせて使うと、タープとワンポールテントRXを連結して使うことができます。

ワンポールテントRXのここが気になる

テント上部の圧迫感

ワンポールテントのフロアの形状が四角形である方が絶対的に良いのであれば、世の中のワンポールテントはすべてこの形状に収束していくはずです。そうはなっていなく、多くのメーカーのワンポールテントのフロアが五角形や六角形になっているのはそれなりの理由があると思われ、その1つがテント上部の圧迫感だと思われます。

フロアが正方形になると、どうしても底辺から頂点への角度が急になってしまうため、テント上部の空間は狭くなってしまいます。ワンポールテントRXはそれを軽減するため、サイドウォールの中央部にもストームロープを張れるようにしており、若干ではあるものの外側にウォールを引っ張って空間を広げる工夫がされています。

DODワンポールテントRX
出典: DOD

販売価格: 39,600円(税込)

製品仕様詳細

カラータン、カーキ
希望小売価格オープンプライス
DOD STOREでは39,600円(税込)
組立サイズ(外寸)(約)W370×D370×H260cm
インナーサイズ(約)W350×D350×H260cm
収納サイズ(約)W65×D28×28cm
重量(付属品含む)(約)13.1kg
収容可能人数大人6名
材質フライシート:150Dポリエステル(PUコーティング、難燃加工)
インナーテント:68Dポリエステル
フロア:210Dポリエステル (PUコーティング)
ポール:スチール
最低耐水圧フライシート:2000mm
フロア:5000mm
セット内容フライシート、インナーテント、ポール、ペグ×16本、ロープ×8本、キャリーバッグ、コンプレッションベルト×2本
DODワンポールテントRX
出典: DOD

まとめ

DODのファミリー向けのワンポールテントとしては、ワンポールテントM/L、ヤドカリテントに続く3種目の商品となります。ワンポールテントRXの発売に合わせて旧製品のワンポールテントは終売するかと思いきや販売継続ということで、どれを選んでよいか迷ってしまいますね。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他ワンポールテントに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました