大は小を兼ねるか?スノーピークからLサイズの3倍の容積「焚火台LL」登場

焚火台LLキャンプグッズ

snow peak(スノーピーク)の2021年新商品として登場が予告されていた「焚火台LL」の販売が開始されました。定番商品の焚火台最大となる4サイズ目のLLサイズです。容積は焚火台Lの3倍となります。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: snow peak

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

焚火台LLの特徴

焚火台LLの主な特徴を見ていきます。

シリーズ最大の633mm×633mmの焚火台

焚火台LLはその名の通り、スノーピークの人気定番商品焚火台のシリーズ最大サイズとなるLLサイズの製品です。

焚火台LL
出典: snow peak

写真で見比べてもわかりづらいですが、サイズは相当大きくなっています。

焚火台LL
出典: snow peak
商品名焚火台L焚火台LL
販売価格(税込)17,160円32,780円
(ケースと合計で46,640円)
サイズ455×455×315(h)mm633×633×440(h)mm
重量5.5kg11kg
収納サイズ560×640×32mm810×882×41mm
収納ケース付属別売り
13,860円(税込)

容積は3倍となり、重量は2倍となります。この大型により、薪をそのままくべることができます。なぜ633mm×633mmという中途半端なサイズ感(25インチにするならばあと2mm必要)になったのかは不明です。

収納サイズは810×882×41mm

他の焚火台シリーズ同様、焚火台LLは使い終わった後は折りたたんでコンパクトに収納できます。

焚火台LL
出典: snow peak

収納時のサイズは633×633×440(h)mmとなりますが、展開サイズ同様、焚火台Lの収納サイズ560×640×32mmと比べると大きくなっています。

焚火台LL
出典: snow peak

ケース別売り、非対応オプションもあり

焚火台Lには収納ケースが付属していましたが、焚火台LLは別売り扱いとなっており、13,860円(税込)で販売されています。

焚火台LL
出典: snow peak
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥13,130(2021/12/02 11:34:47時点 Amazon調べ-詳細)

焚火台Lが3〜4人用なので、焚火台LLはそれ以上の大家族もしくはグループキャンプでの利用が想定されています。大人数でこそ、スノーピークの人気商品ジカロテーブルを使って焚火台LLを囲みたいところですが、皮肉にも焚火台LLが大きすぎてジカロテーブルの中に配置することができなくなってしまっています

焚火台LL
出典: snow peak

ジカロテーブルの内寸は600mmなので、幅が633mmある焚火台LLは中に入れられません。焚火台LLに対応するジカロテーブルLLが今後出て来ない限りこの問題は解消しなものと思われます。

焚火台LL
出典: snow peak
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥32,780(2021/12/02 11:34:48時点 Amazon調べ-詳細)

販売価格: 14,300(税込)

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥32,780(2021/12/02 11:34:48時点 Amazon調べ-詳細)

製品仕様詳細
サイズ633×633×440(h)mm
重量11kg
収納サイズ810×882×41mm
セット内容本体のみ ※収納ケースは付属しておりません。
仕様●材質:本体/ステンレス

まとめ

焚火台LLはより大きいサイズの焚火台が欲しいというユーザーの声を受けて製造されたものだと思われますが、かなり使う方を選びそうな商品です。せめてジカロテーブルに入る600mmにおさまっていれば汎用性を保てたのですが…。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他焚火台に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました