【4/29〜】スノーピークから二次燃焼を促す焚き火台L専用オプション「フローガ L」発売

フローガLキャンプグッズ

snow peak(スノーピーク)から、2021年の新商品として登場が予告されていた二次燃焼を促す焚き火台L専用オプション「フローガ L」が2021年4月29日の10時から発売されます。合わせて専用ケースも販売されます。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: snow peak

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

フローガLの特徴

フローガLの主な特徴を見ていきます。

二次燃焼を促し白い煙やにおいを軽減

フローガはギリシャ語で炎という意味なので、本製品は焚き火で炎をより楽しんでもうらうことをコンセプトにしたものだと思われます。フローガLの外側下部には空気を吸い込めるよう横長の空気孔が備わっています。

フローガL
出典: snow peak

内側上部には丸穴がたくさん空いており、これらの空気孔により二次燃焼が促され、焚き火特有の白い煙やにおいが軽減されるとのことです。

フローガL
出典: snow peak

定番商品焚き火台Lのオプション品として設計

2018年頃からソロストーブにより市場開拓され、2019年以降は各社から二次燃焼をメインとした焚き火台が数多く販売されました。

スノーピークはこの分野において後発となりますが、二次燃焼専用の焚き火台として製品は出さず、あくまで既存商品である焚き火台Lのオプションとして製品を投入しました。

フローガL
出典: snow peak
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥17,160(2021/05/09 14:56:52時点 Amazon調べ-詳細)

既存ユーザーからすると、新たに焚き火台をもう1台買わずに、オプション品であるフローガLを購入するだけで二次燃焼を楽しめるというメリットがる一方、まだスノーピークの焚き火台を所有していない新参ユーザーから見ると、焚き火台LとフローガLの両方を買わなくてはならないというデメリットもあります。

ケースは付属するものの、別売専用ケースもあり

焚き火台Lも折りたたんで収納することが可能ですが、フローガLも2辺をばらして各々折りたたむことができる構造になっています。

フローガL
出典: snow peak

あらかじめ巾着型の収納ケースが付属しています。

フローガL
出典: snow peak

収納にこだわる方向けに別売りで専用ケース(税込6,380円)も販売されます。

フローガL
出典: snow peak

販売価格: 17,160円(税込)

2021年4月29日10時販売開始

製品仕様詳細
■サイズ
475×475×90(h)mm
■重量
4.8kg
■収納サイズ
●収納ケースサイズ:195×395×180(h)mm
■セット内容
本体、収納ケース
■仕様
●材質:本体/ステンレス、収納ケース/ポリエステル

まとめ

焚き火台LとフローガLをあわせて購入しても4万円弱となるため、二次燃焼系の焚き火台としては妥当な価格帯かと思います。フローガLの登場で一番困惑されるのは焚き火台Mユーザーのみなさんでしょう。焚き火台Mは使い慣れているでしょうし、わざわざフローガLを買うために焚き火台Lも新調するというのはなかなか決断しにくいと思われます。フローガMが将来的に登場するかどうか、アナウンスがあれば一番よいのですが、それはフローガLの売れ行き次第となると思われます…。

その他スノーピークに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました