スナグパックから3シーズン対応寝袋「ベースキャンプ フレキシブルシステム」登場

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステムキャンプグッズ

イギリス生まれのブランドSnugpak(スナグパック)からレイヤーシステムを搭載した3シーズン対応寝袋「ベースキャンプ フレキシブルシステム」が登場しました。2枚のシュラフを重ね、ジッパーで連結させて使うこともできる寝袋です。

アイキャッチ画像出典: Snugpak

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ベースキャンプ フレキシブルシステムの特徴

ベースキャンプ フレキシブルシステムの主な特徴を見ていきます。

2つのシュラフを重ねて使う寝袋

ベースキャンプ フレキシブルシステムは2枚のシュラフを重ねて使うことでフレキシブル(柔軟)に温度調節が可能な寝袋です。外側のアウターレイヤーと内側のインナーレイヤーに分かれており、重ねて使うことも一方だけで使うことも可能です。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

アウターレイヤーとインナーレイヤーはジップで接続する構造になっているため、就寝中や中に入る際にずれたりすることはありません。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

連結した状態のまま付属する収納袋にしまうことができるため、片付けも簡単です。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

快適温度-5℃で3シーズン使える

アウターレイヤーとインナーレイヤーを連結した状態での快適温度は-5℃で、春秋でも使えます。インナーレイヤーは肌触りの良いフリース素材です。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

アウターレイヤーのみで使う場合は快適温度は-2℃となり、使う季節に合わせて温度調節が可能です。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

インナーレイヤー単体で使うことも可能です。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

封筒型で使いやすい

ベースキャンプ フレキシブルシステムは足元がすぼまっていない封筒型の寝袋なので、布団に近い感覚で使うことができます。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

アウターレイヤーを敷布団として、インナーレイヤーを掛け布団として2人で使うこともできます。

スナグパックベースキャンプ フレキシブルシステム
出典: Snugpak

販売価格: 14,850(税込)

製品仕様詳細
<サイズ>
【セット】収納時:直径30×長さ50cm
展開時:縦(長さ)220×横(周囲)160cm
<重量>2,800g
<快適使用温度>-5℃
【マリナー(外側)のみ】
展開時:縦(長さ)220×横(周囲)160
<重量>1,400g
<快適使用温度>-2℃
<生産国>中国

まとめ

冬用シュラフは防寒性の高いスペック重視のものを選んだほうがいいですが、春〜秋用の3シーズンシュラフは防寒性よりも使い勝手や手入れのしやすさ、携行性なども重要です。ベースキャンプ フレキシブルシステムは日本市場に合わせた限定製品とのことです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他寝袋に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました