スノーピークの人気定番商品「アメニティドームL」がリニューアル

スノーピークアメニティドームLキャンプグッズ

snow peak(スノーピーク)の人気定番商品「アメニティドームL」がリニューアルして2022年11月16日から販売されます。フレームの径が変更となっており、φ13mm+φ14.5mmのサイドフレームのセンター部のサイズが変更となりました。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: snow peak

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

アメニティドームLの特徴

アメニティドームLの主な特徴を見ていきます。

エントリーラインのドームテント

アメニティドームLはスノーピークのテントの中でエントリーラインに位置づけられる初心者向けのドームテントです。高品質ながら価格は抑えられているため、初めてのテントとして選ばれることの多い製品です。

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

設営の際に戸惑わないよう、フレームエンドとスリーブが同色で色分けされています。

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

同じく設営しやすいように、インナーテントとフライシートを合わせる場所は同じ色のテープが使われています。

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

フロントを跳ね上げて前室を大きく取れる

インナーテントよりもフライシートの面積の方が大きい構造になっており、前室部分をリビングスペースとして使うことができます。別売りのキャノピーポールを用意すれば、フロント部分を跳ね上げてさらにスペースを拡張できます。

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

サイドドアパネルは大きく開閉できるようになっており、フロントを跳ね上げていない状態であっても、出入りがしやすい仕様になっています。

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

雨風に強く安心

アメニティドームLの天井高は165cmで、快適性と耐久性が追求されています。フレームは軽くて弾力性に優れており、背の低い設計が風の影響を緩和します。

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

耐水圧は1800mmとなっており、生地表面にはテフロン撥水加工、UVカット加工が施されています。雨や紫外線に強い生地となっています。

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

リニューアル前モデルとの差分

リニューアル前のモデル(型番: SDE-003RH)とリニューアル後のモデル(型番: SDE-003RD)との差分は以下のように説明されています。

  • フレーム径: φ12mm+φ13mm+φ14.5mm→φ13mm+φ14.5mmのサイドフレームのセンター部のサイズが変更
スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

販売価格: 57,200(税込)

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

製品仕様詳細
■重量
2.0kg(ケース含む)
■収納サイズ
74×24×27(h)cm
■セット内容
テント本体、本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(1.4m×2、2.5m×2、2又5m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース、取扱説明書
■対応人数
6名
■室内高
165cm
■フライ耐水圧
1,800mmミニマム
■ボトム耐水圧
1,800mmミニマム
■UVカット加工

■仕様
●材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001+A6061(φ13mm+φ14.5mm)
●セット内容:テント本体、本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(1.4m×2、2.5m×2、2又5m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース、取扱説明書
●キャリーバッグサイズ:74×24×27(h)cm
●重量:11.5kg(フレーム・ペグ・ロープ含む)
● 対応人数:6名

スノーピークアメニティドームL
出典: snow peak

まとめ

スノーピークの人気定番商品アメニティドームLが再びリニューアルされます。フレーム径のみのマイナーアップデートに留まっていますが、剛性強化の目的だと思われます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他スノーピークに関する記事はこちら。

タイトルとURLをコピーしました