【8/28〜】スノーピークの「フラットバーナー」が新仕様になって登場

スノーピークフラットバーナーキャンプグッズ

snow peak(スノーピーク)の「フラットバーナー」が汁受け部分の素材を変更した新仕様になって2021年8月28日から販売開始されます。人気のあまり長らく欠品していた同製品が装いを新たに登場します。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: snow peak

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

長期欠品していたスノーピークの人気商品

フラットバーナーは高価格帯のスノーピークの商品ラインナップにおいて約1万円ながらもコンパクトにしまえるシングルバーナーとして、コストパフォーマンスの良い商品と評され、とても人気を博しておりました。

その一方で需要に対する供給量が少なかったのか、どの販路でも品切れ状態となっており、Amazonでは定価の4.5倍で出品されています。(記事執筆時時点)

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥28,500(2021/09/23 18:33:50時点 Amazon調べ-詳細)

そんな中今回、フラットバーナーが新仕様になり再販売されることが発表されました。

フラットバーナーの特徴

フラットバーナーの主な特徴を見ていきます。

新仕様の変更点は汁受けの素材(ステンレス製に)

新仕様で何が変わったのか?気になりますが、変更があったのは汁受けの部分の素材です。旧仕様では鉄素材のほうろう処理が施されていましたが、新仕様ではステンレス製に変更されています。

スノーピークフラットバーナー
出典: snow peak

仕様変更の理由は「検定の規格の変更のため」とされていますが、一般消費者には何のことかわからない説明です。もしかするとこれが製品供給が少なかった要因なのかもしれません。→「法改正によるガス機器の新しい検査方法に対応するため」という説明が追加されました。安全性確認検査の基準そのものについては変更はなく、旧仕様、新仕様ともに安全に使えるとのことです。

何の法令がどのように変わったのかは説明がありませんが、おそらくPSLPGマークのことだと思われます。

カートリッジガスコンロの技術的内容の欄に、以下のような記載があります。

ノズルホルダーからパイロットバーナー及びメーンバーナー(中略)までの液化石油ガスの通る部分、空気調節器、ごとく及び汁受けにあっては温度500度、液化石油ガスの取入部からノズルホルダーの入口までの液化石油ガスの通る部分(中略)及び器具栓にあっては温度350度において、それぞれ溶融しないこと。

つまり、旧仕様では温度500℃で溶融(溶けて)しまう可能性があったということではないかと思います。確かに検索するとほうろう加工の耐熱温度400℃などと出てきますね。

普通にキャンプで使っていて500℃の環境下になることはないと思うので、結果的に「旧仕様、新仕様ともに安全に使える」という説明に間違いはなさそうです。

ゴトク部分がフラットでIGTと合わせて使いやすい

逆に言うと汁受けの素材以外の基本使用はこれまでと同様です。フラットバーナーを購入される方の多くは単品での仕様ではなく、IGTシリーズと併用されると思いますが、組み合わせて使うと、一般的なバーナーのように高さを取ることなく、まるでビルトインコンロのようにフラットに使うことができるのが最大の特徴です。

スノーピークフラットバーナー
出典: snow peak

フラットになることにより、風の影響を受けにくくなるため、風防がなくても安定した火力で調理が可能です。

スノーピークフラットバーナー
出典: snow peak

分解できて清掃しやすく、コンパクトに収納できる

吹きこぼれなどでバーナー類は汚れやすい宿命ですが、フラットバーナーは分解して隅々まで清掃するこができます。

スノーピークフラットバーナー
出典: snow peak

収納時はガスカートリッジを外せばとてもフラット、コンパクトになるため、収納スペースを取りません。

スノーピークフラットバーナー
出典: snow peak

専用ケースも付属していて収納しやすくなっています。

スノーピークフラットバーナー
出典: snow peak

販売価格: 10,780(税込)

製品仕様詳細
■サイズ
270×410×110mm(ホース、器具栓を除く)
■重量
1.9kg(収納ケースを除く)
■セット内容
バーナー本体、収納ケース、結束用バンド
■特長
シンプルで使いやすいバーナーを追求。バーナーヘッドが外部に露出していないので、耐風性に優れています。バーナー上面に凹凸が少ないので、IGTにセットした時にフラットになり、テーブルの上を有効に使えます。また、ガスカートリッジはIGTのレールに取り付けて使用できます。
■仕様
●材質:ステンレス、ブラス、アルミ、スチール、樹脂
●セット内容:バーナー本体、収納ケース、結束用バンド
●サイズ:270×410×110mm(ホース、器具栓を除く)
●重量:1.9kg(収納ケースを除く)
●出力:3,000kcal/h
●対応鍋径:Φ23cm以下/ダッチオーブン使用不可
●専用容器:スノーピーク専用容器 GP-500GR/ギガパワーガス500プロイソ、GP-250GR/ギガパワーガス250プロイソ、GP-500SR/ギガパワーガス500イソ、GP-250SR/ギガパワーガス250イソ
●燃焼時間:GP-500GR/210分、GP-250GR/110分

まとめ

フラットバーナーがやっと再販されるということで、長らく待っていた方はこの販売機会を熱望されていたことでしょう。一方で転売されやすい商品でもあるため、販売開始タイミングでは争奪戦になることが予想されます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他バーナーに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました