スノーピークの「フィールドバリスタ ケトル」がリニューアルして中国製に

スノーピークフィールドバリスタケトルキャンプグッズ
本ページはプロモーションが含まれています

snow peak(スノーピーク)の「フィールドバリスタ ケトル」がリニューアルしました。原産国、サイズ、ポット内部の外観が変更になっております。これまでの日本製から中国製に変更されました。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: snow peak

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

フィールドバリスタ ケトルの特徴

フィールドバリスタ ケトルの主な特徴を見ていきます。

ドリップしやすい注ぎ口のケトル

フィールドバリスタ ケトルは、コーヒードリップなどにもぴったりなステンレス製のケトルです。本体サイズは205×125×180(h)mmで、重量は540gです。

スノーピークフィールドバリスタケトル
出典: snow peak

注ぎ口はドリップしやすいよう細めの形状となっており、かといって収納の邪魔になってしまうような出っ張った構造にはなっていません。

スノーピークフィールドバリスタケトル
出典: snow peak

蓋はサイドにホールドできる仕様

上蓋の取っ手部分は熱した後でも掴みやすいよう天然木素材が使われています。

スノーピークフィールドバリスタケトル
出典: snow peak

この蓋は開けた後にそのままケトルのサイドに引っ掛けて固定できるようになっており、邪魔になりません。

スノーピークフィールドバリスタケトル
出典: snow peak

ハンドルは取り外せてコンパクトに収納

ハンドルは真鍮製のネジで着脱できるようになっています。

スノーピークフィールドバリスタケトル
出典: snow peak

スノーピークのコーヒードリップ用の他製品(フィールドバリスタミル、フィールドバリスタドリッパー)と合わせて収納がしやすい仕組みも導入されています。

スノーピークフィールドバリスタケトル
出典: snow peak

ケトルのハンドルとミルをケトルの中に、ドリッパーをケトルの側面に這わせて収納すると、非常にコンパクトに収納できます。

スノーピークフィールドバリスタケトル
出典: snow peak

リニューアル前モデルとの差分

リニューアル前のモデル(型番: CS-115)とリニューアル後のモデル(型番: CS-115R)との差分は以下のように説明されています。

  • 原産国: 日本→中国
  • サイズ: 本体 / 210×130×180(h)mm 収納時 / 155×130×180(h)mm→本体 / 205×125×180(h)mm 収納時 / 150×125×180(h)mm
  • ポット内部の外観

販売価格: 16,500(税込)

\ポイント最大11倍!/
楽天で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooで探す

国産の前モデルはこちら

製品仕様詳細
■サイズ
205×125×180(h)mm
■重量
540g
■収納サイズ
150×125×180(h)mm
■セット内容
本体、収納ケース
■容量
適正容量:1.0L、満水容量:1.3L
■材料
ステンレス、ブラス、天然木

まとめ

生産力強化の名のもとに、特にステンレス製品の生産国が日本から中国や台湾に変更になる事例が続いています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他スノーピークに関する記事はこちら。

タイトルとURLをコピーしました