asobito(アソビト)から「takibi hamp」シリーズ6製品登場

asobito takibi hanpキャンプグッズ

株式会社ビッグウイングが展開するオリジナルアウトドアブランド「asobito(アソビト)」から新素材「takibi hamp」を使用した新製品6種が2022年4月下旬から販売されます。先行して2月3日から予約販売が始まります。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: asobito

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

「takibi hamp」シリーズ6製品

「takibi hamp」シリーズは、帆布独自の素材感と難燃機能を損なうことなく、撥水機能を兼ね備えた素材です。消防庁試験*の厳しいハードルをクリアした強靭な難燃性100%綿帆布に独自の難燃加工をすることで、自己消化性に優れ、焚き火時の万が一の炎や火の粉の接炎からしっかりガードします。

asobito takibi hamp
出典: asobito

※消防庁試験45度ミクロバーナー法に基づき試験済み

焚き火軍幕

販売価格: 18,700円(税込)

近くで焚き火を楽しめる軍幕です。タックボタンで複数枚組み合わせ、様々な形状のテントを張ることが可能です。裏面にはハンギング機能を取り入れられており、ランタン等を吊り下げられます。

asobito焚き火軍幕
出典: asobito

製品仕様詳細
●サイズ:幅180cm×高さ180cm
●重量:約 1,440g
●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)、ボタン:鉄

焚き火バッグ

販売価格: 7,700(税込)

1泊で使う4~6kgの薪を運搬することができる焚き火バッグです。最大約7.5kgまで収納可能です。サイドに異なるサイズのポケットが付いており、焚き火シーンで使用する道具をまとめられます。

asobito焚き火バッグ
出典: asobito

製品仕様詳細
●サイズ:幅42cm×高さ30cm×奥行29cm
●重量:約 660g
●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)

ブッシュクラフトツールケース

販売価格: 8,800(税込)

内生地に防刃素材を使用しているため、鉈や斧等を安全に収納できるブッシュクラフトツールケースです。中にはフラップを取り付け収納物の飛び出しを防ぎます。

asobitoブッシュクラフトツールケース
出典: asobito

製品仕様詳細
●サイズ:幅47cm×高さ17cm×奥行15cm
●重量:約880 g
●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、内生地①:リサイクルナイロン100%、内生地②:防刃素材(コーデュラ420)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)、ハンドルカバー:革(スエード)

焚き火トリガーミトン

販売価格: 7,150(税込)

通常のミトンとは異なり、親指は手のひら側に向けて取り付け、人差し指は独立し動かせる焚き火トリガーミトンです。火ばさみなどで掴む動作に特化しています。スソが長めなので、手首と袖をしっかり守ることができます。

asobito焚き火トリガーミトン
出典: asobito

製品仕様詳細
●サイズ:幅16cm×高さ31cm
●重量:約 240g
●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、革(スエード)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)

CB缶ジャケット

販売価格: 2,200(税込)

ループ付きで、CB缶を吊り下げ収納できるCB缶ジャケットです。難燃生地を使用しているため、万が一の炎や火の粉からCB缶を守ります。

asobitoCB缶ジャケット
出典: asobito

製品仕様詳細
●サイズ:幅25cm×高さ15cm
●重量:約 45g
●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)

カーミットジャケット

販売価格: 8,800(税込)

カーミットチェアを火の粉から守るカーミットジャケットです。難燃生地を使用しているため、火の粉から座面が焦げるのを防ぐ事ができます。裏面にポケットとハンギングループを取り付けることで収納スペースとして活用できます。

asobitoカーミットジャケット
出典: asobito

製品仕様詳細
●サイズ:幅48cm×高さ75cm
●重量:約 490g
●材質:本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)

まとめ

asobitoの商品ラインナップがさらに拡充されます。帆布素材の強みを活かし焚き火まわりのグッズがより充実しました。発売は4月ですが、2月から予約販売が始まります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他asobitoに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました