こんなの見たことない!トウモロコシの芯でできたBBQ用炭マイスコーレ

Maisterアイキャッチキャンプグッズ

ドイツ発のバーベキューブランドMaister(マイスター)が日本に上陸します。2020年10月8日よりクラウドファンディングサービスのMakuakeにて先行予約販売が始まりました。トウモロコシの芯でできた炭は普通の木炭とどう違うのか、その詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: Makuake

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

Maister(マイスター)とは?

マイスター
出典: Makuake

Maister(マイスター)は、トウモロコシの芯からできた炭「マイスコーレ」を中心としたドイツ発のバーベキューブランドです。マイスコーレは世界各国で売れまくっており、2019年はドイツとオーストリアだけで400トン以上・約15万ユーロの販売実績を記録。2020年にはすでにそれを超える販売量となっており、2020年1年間で約4.6倍、約70万ユーロの売り上げが見込まれています。

そんな人気ブランドが今回とうとう日本にも上陸します。

マイスコーレ特徴

それでは、トウモロコシの芯でできたマイスコーレの特徴を見ていきます。

マイスコーレ特徴
出典: Makuake

廃材になるトウモロコシの芯が原料なのでエコ

木炭の原材料は木ですが、マイスコーレの原料は廃材になるトウモロコシの芯です。いくら使っても元々捨てられる原料なので、環境破壊に直接つながることはありません。Maisterは本来廃棄される「トウモロコシの芯」を再利用し独自の炭化技術で炭にすることで、生物資源を効率的に利用することを実現させたのです。

マイスコーレ特徴1
出典: Makuake

軽量、着火しやすという実用性

エコでも炭として使いにくいとなかなかキャンプで主役として活躍できませんが、マイスコーレは実用性も兼ね備えています。ドイツの先進的なプラントで製造・炭化しており、重さは軽量に仕上がっていて、点火もしやすくわずか10分で着火が可能とのこと。

Maisterアイキャッチ
出典: Makuake

燃焼時間は60分

火持ちも非常によく60分持ちます。炭の量で調整もできるため、キャンプ料理での活躍が期待できます。

マイスコーレ特徴3
出典: Makuake

応援購入はMakuakeで

MaisterのマイスコーレはクラウドファンディングサービスMakuakeで先行予約が始まっています。プロジェクトも終了予定日は2020年11月13日。気になる方はぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました