意を決してノルディスクのアスガルド19.6を購入

Asgardキャンプグッズ

冬用の大型テントが欲しいと前々から考えており、どのテントを買おうか検討すること約6ヶ月、買うテントを決めてから買い時を見極めるのに約2ヶ月かけ、ようやくノルディスクのアスガルド19.6を購入しました。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: Nordisk

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

購入までの経緯

普段のキャンプスタイル

普段のキャンプスタイルは、テントはテンマクデザインのサーカスTC DX、タープはDODのチーズタープを使っており、ほとんどタープ下スペースで過ごしてテントは寝るだけというスタイルです。

キャンプスタイル

このスタイルだとメリット、デメリットがあり、以下のような感じです。

メリット
・タープ下がとにかく広く、雨でも広スペースでくつろげる
・テントもタープも設営が楽

デメリット
・設営スペースはある程度必要(狭いサイトだと張れない)
・テント内は4人家族だと狭い
・冬だと通用しない

冬キャンプできるテントが欲しい!

冬はタープ下がいくら広くても寒くて過ごせないため、大型の冬用テントが欲しいと思っていました。

ベルテントに照準を絞り、以下の比較をした結果、サイドウォール高めでとにかく広いテントがよいなと思い、アスガルド19.6を購入することにしました。

購入アイテム詳細

12月に新テントをデビューさせるため、11月の楽天のお買い物マラソンで購入しました。以下明細です。

項目価格(税込)
ノルディスクアスガルド19.6
本体
151,800円
クーポン利用-500円
獲得ポイント16,698pt
ノルディスクアスガルド19.6
ジップインフロア
54,399円
クーポン利用-1,400円
獲得ポイント5,973pt
支払額合計204,229円
獲得ポイント合計22,671pt
ポイント差し引き実質額181,558円

海外からの並行輸入品なので(サポート面等不安はあるものの、)直販サイトよりも割安ではあります。海外から個人輸入も検討しましたが、2020年モデルしか在庫がなく、関税含めると20万円弱になるため楽天での購入にしました。

アスガルド19.6を買ったら買い揃えるもの

まだ購入していませんが、自分の備忘用に買い揃える(買い揃えたい)ものリストです。

グラウンドシート

ジップインフロアの底面を汚さないためのグラウンドシートです。ユタカのブラックシートで代用予定。

created by Rinker
ユタカメイク(Yutakamake)
¥2,601(2021/07/24 09:29:27時点 Amazon調べ-詳細)

ラグ

フロアがむき出しだと味気ないので、何かしら敷物が必要です。19.6㎡分の面積を埋める必要があります。

created by Rinker
EL PASO(エルパソ)
¥4,948(2021/07/24 09:29:27時点 Amazon調べ-詳細)

ラック

直置きだとインテリアの雰囲気が崩れるので、ラック類も必要です。ウッド調がいいでしょう。

コット

エアベットは寝心地が好きではないのでコット派です。家族全員分揃えるとなるとお手頃なWAQのコットがおすすめ。

石油ストーブ

テント内にこもって過ごすため、暖房器具として石油ストーブを揃えます。アルパカストーブがおすすめ。

created by Rinker
newアルパカストーブコンパクト
¥32,890(2021/07/24 07:25:13時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今まで12月〜2月はコテージに宿泊していましたが、冬の空いているキャンプサイトで冬キャンプにチャレンジしたいとずっと思っていました。この冬それが叶うのがとても楽しみです。まだ冬キャンプにチャレンジしていない方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

その他冬キャンプに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました