【要注意】死にたくなかったら一酸化炭素警報機を買いましょう

一酸化炭素警報機キャンプグッズ

冬キャンプのシーズンに突入し、石油ストーブや薪ストーブなどの暖房器具を使って暖を取るキャンプの季節になりました。今年初めて冬キャンプデビューする方、石油ストーブや薪ストーブを買ったばかりの方に気をつけていただきたい一酸化炭素中毒についてご紹介します。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

一酸化炭素中毒のリスク

一酸化炭素中毒とは?

一酸化炭素は炭化水素の不完全燃焼の結果発生する無色無臭の気体です。ガス暖房器具、炉、湯沸かし機、木または炭を燃やすストーブ、石油ストーブなど、キャンプだけでなく我々の日常生活において非常に身近なものから一酸化炭素は発生します。無色無臭の気体である点が厄介で、中毒になっていることに気づかずいきなり症状が出るということもあります。

一酸化炭素警報機
出典: Alpaca

一酸化炭素中毒の症状

では、一酸化炭素を吸い込んでしまうとどんな症状が出るのでしょうか。以下が大気中の一酸化炭素の濃度、吸入時間、人体への影響の一覧です。

大気中の
一酸化炭素濃度
吸入時間血中一酸化炭素
ヘモグロビン濃度
影響
100ppm~200ppm
(0.01~0.02%)
10~20%比較的に強度の筋肉労働時
間呼吸促迫、時に軽い頭痛
200ppm~300ppm
(0.02~0.03%)
5〜6時間20~30%頭痛、耳鳴り、眼失閃光
300ppm~600ppm
(0.03~0.06%)
4〜5時間30~40%激しい頭痛、悪心、嘔吐、外
表の鮮紅色、やがて運動機
能を失う
700ppm~1,000ppm
(0.07~0.10%)
3〜4時間40~50%頻脈、呼吸数増加、やがて意
識障害
1,100ppm~1,500ppm
(0.11~0.15%)
1.5〜3時間50~60%チェーンストークス呼吸、
間代性痙攣を伴い昏睡、
識障害、失禁
1,600ppm~3,000ppm
(0.16~0.30%)
1〜1.5時間60~70%呼吸微弱、心機能低下、血圧
低下、時に死亡
5,000ppm~10,000ppm
(0.50~1.00%)
1〜2分70~80%反射低下、呼吸障害、死亡
出典: 東京消防庁

大気中の一酸化炭素濃度が700ppm以上の状態で3〜4時間以上吸入し続けると意識障害を引き起こし、それ以上の濃度、吸入時間では死亡リスクが増していきます。

そもそもテントメーカーは幕内での火気使用は推奨していない

こういった事情もあり、換気が十分にできないテント内での火気利用は、多くのテントメーカーは推奨していません。実際に痛ましいキャンプ場での一酸化炭素中毒事故は発生しています。

キャンプ中の家族4人病院搬送 一酸化炭素中毒か【HTBニュース】

かといって冬キャンプで暖房器具を使わないと今度は凍死リスクもありますから、十分な換気をしながら自己責任で一酸化炭素中毒にならないような対策をしないといけません。

大気中の一酸化炭素濃度を計測できる警報機3選

前述したように一酸化炭素は無色無臭の気体なので、大気中の濃度が高くなっても普通の人は気づけません。●●ppmと言われてもまったくピンと来ませんが、大気中の一酸化炭素濃度を測定できる警報機が販売されています。代表的な製品を3つご紹介します。

OBEST 一酸化炭素警報機

記事執筆時現在、Amazonのベストセラーランキングで1位になっている商品です。単4電池3本で稼働します。警報基準も、50PPMが60~90分続くと発報。 100PPMが10~40分続くと発報。 300PPMが3分続くと発報。 400PPM、即時発報。と細かく設定されているため安心です。

OBEST
出典: Amazon

FORENSICS製一酸化炭素・CO検知器

販売価格が2万円弱と少々高めですが、高品質日本製センサー技術で製造されているモデルです。一酸化炭素アラームは9ppmで赤色LEDが点灯し、25ppmで音声ブザー音 (70dB) が鳴るよう設定されています。

一酸化炭素警報機
出典: Amazon

BENETECH GM8805B

もう少しお手頃価格ながら検知精度が高いモデルです。一酸化炭素濃度の警報レベルを2段階(LOW,HIGH)で任意の値に設定できます。電気化学一酸化炭素センサーで一酸化炭素濃度を測定し、バックライト付きモニターで濃度を表示できます。

一酸化炭素警報機
出典: Amazon

キャンプでの予防策

空気を汚さない暖房器具を使う

可能であれば一酸化炭素が発生しない暖房器具を使いましょう。特に就寝中は一酸化炭素が発生する暖房器具の利用は命にかかわります。AC電源が必要なものが多くなりますが、具体的には、ホットカーペット、電気毛布、電気ヒーター、湯たんぽなどです。

ストーブのテント内利用は換気を十分に

ストーブ類はできればテント外で使った方が安全ですが、テント内で使う場合は一酸化炭素中毒のリスクを理解した上で、濃度の測定、十分な換気をこまめに行いましょう。

ファミリーキャンプでは特に注意

前述した一酸化炭素中毒の症状一覧は成人に対しての数値です。子どもの場合、血液量が大人よりも少ないため、より低い濃度、短い吸引時間で血中の一酸化炭素ヘモグロビン濃度は上がります。警報機でしっかり大気中の一酸化炭素濃度をこまめに確認しましょう。

その他冬キャンプに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました