【新商品】DODから4種の新テーブル ジミニーテーブルS/M、 キャナリーテーブルM/L登場

キャナリーテーブルアイキャッチキャンプグッズ

DODからテーブルの新商品が登場しました。軽量コンパクトなジミニーテーブルS/M、3段階の高さ調節が可能なキャナリーテーブルM/Lの4種です。テーブルはソロキャンプでもファミリーキャンプでも必需品とも言える大切なギア。今回の商品の詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ジミニーテーブル、キャナリーテーブル特徴

ジミニーテーブル、キャナリーテーブルの主な特徴を見ていきます。

ウッド天板で雰囲気良し

テーブルはアルミ素材だとどうしても雰囲気がチープな感じになってしまいますが、ジミニーテーブル、キャナリーテーブルはいずれも天板に高級感のある天然木(ブナ)を使用しています。天板部は面積が広く、サイト全体の雰囲気に影響してしまうため、ウッド天板は嬉しいですね。

テーブル特徴1
出典: DOD

利用シーンに合わせて選べる3サイズ

ジミニーテーブルはS、Mの2サイズ展開、キャナリーテーブルはM、Lの2サイズ展開となっており、利用シーンに応じてサイズを選べるようになっています。

テーブル特徴2
出典: DOD

一番気になる天板サイズの比較表がなかったので、以下にまとめます。

天板サイズ
ジミニーテーブルS60 x 44cm
ジミニーテーブルM95 x 60cm
キャナリーテーブルM94.5 x 60cm
キャナリーテーブルL120 x 60cm

ジミニーテーブルは軽量・コンパクト、キャナリーテーブルは3段階の高さ調整が可能

ジミニーテーブルは高さ調整はできませんが、Mサイズのジミニーテーブルとキャナリーテーブルの構造を見比べて見るとわかる通り、中心部分の骨組みが長方形ではなく線形で支える形になっているため、骨組みが3本削減でき、軽量・コンパクトになっています。

一方でキャナリーテーブルは、脚部分を3段階の高さに調整できるため、ハイ・ロー・お座敷の3スタイルで使えるようになっています。普段はロースタイルで使っている方でも、自宅でテレワークのデスクとして使うなど、マルチな使い方ができそうです。

テーブル特徴3
出典: DOD

製品仕様詳細(ジミニーテーブルS)

カラーウッド
希望小売価格オープンプライス(DOD公式ストアでは税込7,700円)
サイズ(約)W60×D44×H41.5cm
収納サイズ(約)W45×D9×H20cm
重量(付属品含む)(約)3.2kg 
材質天板:天然木(ブナ)
脚部:アルミ合金
キャリーバッグ:600Dポリエステル(PVCコーティング)
静止耐荷重10kg
付属品キャリーバッグ

製品仕様詳細(ジミニーテーブルM)

カラーウッド
希望小売価格オープンプライス(DOD公式ストアでは税込9,900円)
サイズ(約)W95×D60×H57cm
収納サイズ(約)W61×D8.5cm×H28cm
重量(付属品含む)(約)5.6kg
材質天板:天然木(ブナ)
脚部:アルミ合金
キャリーバッグ:600Dポリエステル(PVCコーティング)
静止耐荷重10kg
付属品キャリーバッグ

製品仕様詳細(キャナリーテーブルM)

カラーウッド
希望小売価格オープンプライス(DOD公式ストアでは税込14,300円)
サイズ(約)W94.5×D60×H21/42/56cm
収納サイズ(約)W73.5×D10×H32cm
重量(付属品含む)(約)6.3kg
材質天板:天然木(ブナ)
脚部:アルミ合金
キャリーバッグ:600Dポリエステル(PVCコーティング)
静止耐荷重10kg
付属品キャリーバッグ、ストレージメッシュ

製品仕様詳細(キャナリーテーブルL)

カラーウッド
希望小売価格オープンプライス(DOD公式ストアでは税込17,600円)
サイズ(約)W120×D60×H21/42/56cm
収納サイズ(約)W80×D10×H32cm
重量(付属品含む)(約)7.5kg
材質天板:天然木(ブナ)
脚部:アルミ合金
キャリーバッグ:600Dポリエステル(PVCコーティング)
静止耐荷重10kg
付属品キャリーバッグ、ストレージメッシュ

モンベル マルチ フォールディング テーブルとの比較

天板はウッド素材ではないですが、キャナリーテーブル同様に3段階の高さ調整が可能なテーブルがモンベルから販売されています。スペックを比較していきます。

スペック比較

メーカーDOD
(ディーオーディー)
mont-bell
(モンベル)
商品名キャナリーテーブルLマルチ フォールディング テーブルワイド
価格
(税別)
16,000円19,500円
素材
(本体)
天板:天然木(ブナ)
脚部:アルミ合金
キャリーバッグ:600Dポリエステル(PVCコーティング)
フレーム:アルミニウム合金、スチール
天板:メラミン樹脂、グラスファイバー、ポリプロピレン
組立サイズ(約)W120×D60×H21/42/56cm高さ67(Hi)・54(Low)・39(Za)×幅112.5×奥行き70cm
収納サイズ(約)W80×D10×H32cm高さ19×幅18×奥行き70cm
総重量(約)7.5kg4.49kg
耐荷重10kg約30kg
カラーウッドオーク

比較した上でのジミニーテーブル、キャナリーテーブルの良い点、イマイチな点

ジミニーテーブル、キャナリーテーブルの良い点
・ウッド天板で雰囲気良し
・高さ調節機能のあるテーブルは市場に少なく、DODの参入は意義あり
・ショックコード形式で組立簡単

ジミニーテーブル、キャナリーテーブルのイマイチな点
・ウッド天板ゆえに重さはそこそこあり
・軽量化追求により耐荷重はそれほどない

ジミニーテーブル、キャナリーテーブルのここが気になる

フレームの耐久性

ポールをショックコードで組み立てるという形式は既にヘリノックスのチェアなどでメジャーになりましたが、やはり気になるのはその耐久性です。

本家ヘリノックスと、その他安価な模倣製品を販売するメーカーとの差分もそこにあり、やはり品質の低いものはポールが壊れたり中のコードが切れてしまったりということが起きます。今回のジミニーテーブル、キャナリーテーブルのフレームやポールの耐久性について気になります。

まとめ

オガワやモンベルからも高さ調整が可能なテーブルが販売されていますが、使っている方をあまり見なく、モンベルの方は一部モデルが終売になってしまっているようです。

選択肢がなかなかないので、DODがこのジャンルに参入してきたことは意味があるでしょう。特にテレワーク需要でキャンプユースだけでなく、ホームユースでも需要はあると思います。

その他DODに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました