DODからシーツ付きエアーマット「ソトネノキワミエアー」登場

DODソトネノキワミエアーキャンプグッズ

DODから、シーツ付きのエアーマット「ソトネノキワミエアー」が登場しました。幅80cm、115cm、138cmの3サイズ(S、M、L)展開となります。収納ケースが空気入れ代わりになります。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ソトネノキワミエアーの特徴

ソトネノキワミエアーの主な特徴を見ていきます。

かさばらないシーツ付きエアーマット

ソトネノキワミエアーは、ポリコットン製の丸洗いできるシーツが付属したエアーマットです。

DODソトネノキワミエアー
出典: DOD

空気を入れて膨らませるマットという意味ではインフレータブルマットですが、一般的なインフレータブルマットのようにウレタンは入っていないので、一般的な定義上はエアーマットに分類されるものです。

DODソトネノキワミエアー
出典: DOD

DODから既に販売されているソトネノサソイやソトネノキワミはウレタン入りのインフレータブルマットなので、収納サイズがかさばる点がデメリットでしたが、ソトネノキワミエアーはシーツ込でも収納サイズは非常にコンパクトになります。

DODソトネノキワミエアー
出典: DOD

収納ケースをポンプ代わりにできる

収納ケースの先には空気弁がついており、ソトネノキワミエアーを膨らませるポンプの代わりに使えるようになっています。

DODソトネノキワミエアー
出典: DOD

動画でも組み立ての様子が紹介されていますが、動画を見ても分かる通り、収納ケースを使って空気を入れる作業は非常に煩雑なので、別途エアーポンプを買った方がよいでしょう。

コンパクトもちふわエアマット。ソトネノキワミエアー【組立動画】

S、M、Lの3サイズ展開

ソトネノキワミエアーは他のマット同様、幅80cmのSサイズ、115cmのMサイズ、138cmのLサイズの3サイズ展開です。長さはいずれも208cm、厚みは10cmです。

DODソトネノキワミエアー
出典: DOD

DODのテントラインナップの中ではカマボコテントとフィットするようになっており、Lサイズ2つもしくはMサイズ1つ+Sサイズ2つ分がちょうど入るサイズです。

DODソトネノキワミエアー
出典: DOD

販売価格(S): 17,600(税込)
販売価格(M): 19,800円(税込)
販売価格(L): 22,000円(税込)

製品仕様詳細

カラータン
DOD STORE価格
(消費税/送料込)
S: 17,600円
M: 19,800円
L: 22,000円
サイズS: (約)W80×D208×H10cm
M: (約)W115×D208×H10cm
L: (約)W138×D208×H10cm
収納サイズS: (約)W25×D18×H18cm
M:(約)W35×D18×H18cm
L:(約)W38×D18×H18cm
重量(付属品含む)S:(約)2kg
M:(約)2.5kg
L: (約)3kg
材質マット本体:ポリエステル(TPUコーティング)
シーツ:ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)
セット内容マット本体、シーツ、キャリーバッグ(ポンプバッグ)

DODのマット3種の選び方は?

ソトネノキワミエアーの登場により、DODのマットラインナップは3種類になりました。ソトネノキワミエアー登場後も既存製品のソトネノサソイとソトネノキワミは併売されます。

DODソトネノキワミエアー
出典: DOD

それぞれの特徴をまとめます。

製品ソトネノサソイソトネノキワミソトネノキワミエアー
価格
(税込)
S: 6,300円
M: 11,000円
L: 12,580円
S: 19,650円
M: 22,800円
L: 25,940円
S: 17,600円
M: 19,800円
L: 22,000円
分類インフレータブル
マット
インフレータブル
マット
エアー
マット
厚さ
5cm

10cm

10cm
収納サイズ
(Mサイズ)

W65×D18×H18cm

W60×D30×H30cm

W35×D18×H18cm
組み立て
自動

自動

手動
付属品
シーツ

シーツ、枕

シーツ
メリット・安い
・収納サイズがそこそこ
・自動膨張で楽
・厚みがあり寝心地良
・枕がつく
・収納コンパクト
・ポンプがあれば
組み立ては楽
デメリット・厚さが5cm
・寝心地も収納サイズも
中途半端
・かさばる
・高い
・エアーマットの
寝心地は好みが分かれる

いずれも一長一短あり、これが一番いい!というものはないため、受け入れられる点と受け入れられない点を整理する必要があります。

ソトネノサソイがおすすめの方

  • DODのマットが欲しいが予算が限られていて安く揃えたい
  • エアーマットの寝心地は好みではなく、厚さは5cmでも気にならない
  • 収納サイズが多少かさばってもかまわない

という方にはソトネノサソイがおすすめです。

ソトネノキワミがおすすめの方

  • 予算に余裕があり、少しでも寝心地の良いマットがいい
  • 枕を持っておらず、DODの枕で揃えたい
  • 収納サイズはかさばっても構わない
  • エアーマットの寝心地は好みではない

という方にはソトネノキワミがおすすめです。

\ポイント最大10倍!/
楽天で探す
\抽選で最大全額ポイントバック!/
Yahooで探す

ソトネノキワミエアーがおすすめの方

  • 分厚いマットが欲しいが、収納サイズはコンパクトにしたい
  • エアーポンプを持っており、エアーマットの寝心地に抵抗はない
  • 枕も持っており付属していなくても問題ない

という方にはソトネノキワミエアーがおすすめです。

まとめ

インフレータブルマットはかさばるという課題を解消する目的の製品追加なのだと思われますが、エアーマットなのであればもう少し価格を抑えるか、エアーポンプを付属品としてセットで販売すればもう少しラインナップのバランスが取れたと思います。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他マットに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました