DODから木に巻き付けるテント「トゥリーラブ」登場

トゥリーラブキャンプグッズ

DODからポール不要で木に巻きつけて使えるテント「トゥリーラブ」が新たに登場しました。高さ2mの四角錐構造のティピィ型テントです。ポールを付属せず、設営場所にある木をポール替わりに使うという斬新な発想です。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

Twitterでティザープロモーションを事前展開

今回発表されたトゥリーラブですが、2021年5月18日の20日前の4月29日から、Twitter上でティザープロモーションが行われていました。

商品名とロゴだけ開示し、どんな商品かを予想してコメントさせるという内容です。ロゴデザインが飛び跳ねている人形を模していることから、スラックラインではないか?という予想が多く出ていました。蓋を開けてみると予想を大きく覆し、トゥリーラブはテントというオチでした。簡単に当てられてしまうと逆にがっかりされるでの、ロゴデザインは予想をはずさせるためのものだったということでしょう

結果的に記事執筆時時点では105件のリツイート、241件の引用ツイート、624件のいいねを獲得しており、プロモーションとしては成功していると言えます。

トゥリーラブの特徴

トゥリーラブの主な特徴を見ていきます。

ポールがなく、木をポール替わりに使うテント

トゥリーラブにはセンターポールが付属しません。木をセンターポール替わりにテントを巻きつけて設営します。四角錐形状になっているため、木に巻き付けた後は四隅をペグダウンするだけで設営が完了します。

トゥリーラブ
出典: DOD

木のある林間サイトで、なおかつ木にこういったものを巻きつけることが許されている所でしか使えませんが、テント内の中央に木が存在することになるため、究極的に自然を感じられる斬新なテントと言えます。

トゥリーラブ
出典: DOD

サブポールで上部空間確保

木に巻き付けるという商品であるため、細い木に巻きつける場合は頂点分が狭くなってしまうという欠点がありますが、トゥリーラブにはサブポールが付属しており、上部空間を広く維持できるようになっています。

トゥリーラブ
出典: DOD

設営するとテントのセンター部分に木がくるようになります。

トゥリーラブ
出典: DOD

2.5×2.5mの広々内部空間

トゥリーラブの設営後の広さは2.5×2.5mとなります。ソロで使う分には十分広く使えるでしょう。中央に木がくるので、木の太さによっては内部空間が狭くなることがあります。

トゥリーラブ
出典: DOD

テント内では木のぬくもりやにおいなどをすぐ近くで感じることができます。

トゥリーラブ
出典: DOD

販売価格: 13,200円(税込)

製品仕様詳細

カラーカーキ
希望小売価格オープンプライス
DOD STOREでは13,200円(税込)
組立サイズ(外寸)(約)W250×D250×H200cm
インナーサイズインナーテント無し
収納サイズ(約)直径13×長さ47cm
重量(付属品含む)(約)1.5kg
定員大人2名
材質生地:75Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)
サブポール、ペグ:アルミ合金
最低耐水圧2000mm
UVカットUPF50+
セット内容テント生地、サブポール、ペグ×8本、サブポール用収納袋、ペグ用収納袋、リペアシート、キャリーバッグ
トゥリーラブ
出典: DOD

まとめ

ここまでくるともはやブッシュクラフトの領域になってきますが、DOD自身も商品ページ上で「決してメインテントになることない」と言っているので、尖った方用の商品という位置付けなのだと思われます。ビジネス的な売れ行きを気にせず他社にはないユニークな発想の商品を出せる余裕があるということかと思います。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他DODに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました