DODから4.2×3.7mのシェルター「ヨンヨンベース」登場

ヨンヨンベースキャンプグッズ

DODから新たにソロキャンプ、デュオキャンプ用のシェルター「ヨンヨンベース」が2021年5月中に発売される予定です。既に販売されているロクロクベースと比べ一回り小さく、区画サイトでの張りやすさが重視された製品となっています。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ヨンヨンベースの特徴

ヨンヨンベースの主な特徴を見ていきます。

4本のポールで作る広い空間、キャノピーポールで拡張も可能

一般的な2ポールシェルターとは違い、ヨンヨンベースは4本のポールを使った構造となっています。設営の手間は増えるものの、4本で空間を作るのでシェルター内部は圧迫感が少なくなります

ヨンヨンベース
出典: DOD

別売りではあるものの、キャノピーポールを使ってウォール部分を跳ね上げると、リビングスペースをさらに広く取ることができます。

ヨンヨンベース
出典: DOD

ヨンヨンベースの内部は4.2×3.7mとなっており、床面積は約10畳相当となります。カンガルーテントSを2つ入れても圧迫感がありません。

ヨンヨンベース
出典: DOD

一方でガイロープを含めた外寸が気になるところですが、区画サイトでも収まるよう、設営範囲は6×6m四方以内となっています。

ヨンヨンベース
出典: DOD

前後ドアはフルメッシュにもできる

シェルターとして通気性が気になるところですが、ヨンヨンベースは前後のウォールをフルメッシュにすることができます。夏場は虫の侵入を抑えながら風通しをよくすることができます。

ヨンヨンベース
出典: DOD

前後のウォールはフルオープンにすることができるため、タープのように使うことも可能です。

ヨンヨンベース
出典: DOD

少しだけ風を入れたい!という時に便利なのがハーフオープンの形状です。雨天時や日差しだけを遮りたいというようなシーンで役立ちます。

ヨンヨンベース
出典: DOD

重量は7kgと軽量で簡単設営

ヨンヨンベースはポリエステル素材ということもあり、大きさの割に重量は軽量で、7kgとなっています。収納サイズも(約)W50×D24×H27cmと比較的コンパクトです。

ヨンヨンベース
出典: DOD

設営も簡単で、ヨンヨンベースの4隅にペグを打ち、ポールを4本立て、後は補強のペグを打つだけで設営が完了する設計になっています。

ヨンヨンベース
出典: DOD

設営の様子を紹介した動画あるので、こちらを観ていただくとよりイメージが湧きやすいかと思います。

【ソロやデュオで余裕のあるワンルームスタイルを楽しめる。圧迫感の少ないコンパクトシェルター】TT5-821 ヨンヨンベース 設営動画

販売価格: 55,000円(税込)

2021年5月販売開始予定

製品仕様詳細

カラーブラウン、ライトグレー
希望小売価格オープンプライス
55,000円(税込)予定
組立サイズ(外寸)(約)W420×D370×H210cm
インナーサイズインナーテント無し
収納サイズ(約)W50×D24×H27cm
重量(付属品含む)(約)7.0kg
材質生地:30Dナイロン(シリコンコーティング・PUコーティング)
ポール:アルミ合金
ペグ:アルミ合金
最低耐水圧3000mm
セット内容テント生地、サブポール×2本、メインポール×2本、ペグ×15本、ロープ(3m)×3本(※)、ロープ(4m)×2本(※)、キャリーバッグ、コンプレッションベルト×2本、ポール用収納袋、ペグ用収納袋

※テント生地に取り付け済み
ヨンヨンベース
出典: DOD

ロクロクベースとの違いは?

既に販売されている一回り大きいロクロクベースと比べるとスペックはどれくらい違うのでしょうか。比較してみます。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥36,800(2021/05/09 21:21:48時点 Amazon調べ-詳細)
商品名ヨンヨンベースロクロクベース2
価格
(税込)
55,000円88,000円
組立サイズW420×D370×H210cmW600×D600×H250cm
収納サイズW50×D24×H27cmW73×D35×H35cm
重量7.0kg19.5kg
材質生地:30Dナイロン
(シリコンコーティング・PUコーティング)
ポール:アルミ合金
ペグ:アルミ合金
テント本体:150D ポリエステル
(PUコーティング,UVカット加工)
ポール:アルミ合金
耐水圧3000mm2000mm
UVカットUPF50+
付属品テント生地
サブポール×2本
メインポール×2本
ペグ×15本
ロープ(3m)×3本(テント本体に取り付け済)
ロープ(4m)×2本(テント本体に取り付け済)
キャリーバッグ
コンプレッションベルト×2本
ポール用収納袋
ペグ用収納袋
鍛造ペグ8本
スチールペグ16本
ロープ5m×4本(テント本体に取り付け済)
ロープ4m×4本(テント本体に取り付け済)
ロープ3m×10本(テント本体に取り付け済)
キャリーバッグ
カラーブラウン、ライトグレーブラウン、ライトグレー

スペックだけ比較すると以下のようなことが言えそうです。

  • ヨンヨンベース、ロクロクベースの価格差は3,300円
  • ロクロクベースの床面積は幅、奥行きともにヨンヨンベースの約1.5倍あり、高さも40cm高い
  • ロクロクベースの重要はヨンヨンベースの約3倍
  • ヨンヨンベースの生地はロクロクベースより薄く、UVカット加工がないが、耐水圧は高い
  • ロクロクベースはポール非付属だが、ヨンヨンベースは4本付属

大きさがだいぶ違うので、4人以上で使うか1〜2人で使うかによってターゲットが明確に分かれそうです。

ソロソウルウォウウォウとの違いは?

しばらく入荷しないので久しぶりにご紹介しますが、ソロソウルウォウウォウともスペックを比較してみましょう。

商品名ヨンヨンベースソロソウルウォウウォウ
価格
(税込)
55,000円38,500円
組立サイズW420×D370×H210cmW340×D300×H170cm
収納サイズW50×D24×H27cmW57×D24×H24cm
重量7.0kg9.1kg
材質生地:30Dナイロン
(シリコンコーティング・PUコーティング)
ポール:アルミ合金
ペグ:アルミ合金
ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
アルミ合金
耐水圧3000mm350mm
UVカット
付属品テント生地
サブポール×2本
メインポール×2本
ペグ×15本
ロープ(3m)×3本(テント本体に取り付け済)
ロープ(4m)×2本(テント本体に取り付け済)
キャリーバッグ
コンプレッションベルト×2本
ポール用収納袋
ペグ用収納袋
ポール×4本
キャリーバッグ
ロープ×5本
ペグ×15本
カラーブラウン、ライトグレータン、カーキ

同じく、スペックだけ比較すると以下のようなことが言えそうです。

  • 価格はヨンヨンベースがソロソウルウォウウォウの約1.4倍
  • 4本のポールで立ち上げる形状は同じだが、広さ、高さはヨンヨンベースの方がある
  • ソロソウルウォウウォウはTC素材で焚き火等の利用にはより適切

ユーザーから見るとソロソウルウォウウォウとヨンヨンベースの方が購入時に迷うかと思いましたが、こちらも使い方が異なりそうなので食い合い影響は少なそうです。より空間への快適性を求める方、2人で使うことを想定されている方はヨンヨンベースの方がいいでしょう。焚き火を気にせずやりたい!入荷するまでソロソウルウォウウォウを待てる!という方は根気強く再入荷を待ちましょう。

まとめ

DODのシェルター製品は今回のヨンヨンベースだけでなく、ツクツクベース、スパイダーベース、ソロソウルウォウウォウ、ロクロクベース2、ファイヤーベースと数多くラインナップされており、どれを選んだらよいか迷いますが、よく見てみると利用人数や使い方によって細かくターゲットがセグメント化されているようです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他DOD製品に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました