キャンプ用シングルバーナー比較(CB缶一体型シングルバーナー編)

Iwataniキャンプグッズ

キャンプ用のシングルバーナーは使う燃料やバーナーの形状によって8カテゴリの商品が存在します。前回の記事ではそのカテゴリの詳細と特徴をご紹介しましたが、今回は特に燃料としてCB缶使う一体型シングルバーナーのオススメ商品を紹介したいと思います。

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

キャンプ用シングルバーナーの種類の違いについてはこちら。

CB缶一体型シングルバーナーの特徴

CB缶一体型シングルバーナーの特徴は、安価なCB缶を燃料に使いながら、一体型であることによって、コンパクトに収納、利用できる点です。

初めて購入するバーナーとして選ばれることも多く、既にツーバーナーを持っている方はサブのバーナーとして最適な選択になるかと思います。

シングルバーナーイメージ

CB缶一体型シングルバーナーのオススメ商品

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

シングルバーナーの中でも特にコンパクトなのがこのイワタニのジュニアコンパクトバーナー。折りたたむとコッヘル等の中にも収納できるくらい小型です。

Iwatani
イワタニジュニアコンパクトバーナー

こんな方にオススメ
・とにかくコンパクトなシングルバーナーが欲しい
・登山などでバーナーを使う

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

イワタニのジュニアコンパクトバーナーよりは少しサイズは大きくなりますが、SOTOのレギュレーターストーブも十分にコンパクトで、五徳も大きくなりより安定しています。火力も安定していますが、弱火に調整しづらいのが難点。

ST-310製品画像
ST-310詳細

こんな方にオススメ
・コンパクトでかつ五徳が安定しているバーナーが良い
・火力の安定性も重要

ソト(SOTO) Gストーブ ST-320

斬新な形状で、風に強く、薄く収納できるSOTOのGストーブ ST-320。折りたたんだ時の厚みはわずか2.5cmとなり非常にコンパクトに収納できます。

ST-320詳細

こんな方にオススメ
・風に強いバナーが欲しい
・個性的なバーナーが欲しい

まとめ

飲み物数杯分のお湯を沸かしたり、乾き物を炙ったりするツーバーナーを持ち出すほどではないちょっとした用途に便利なのが一体型シングルバーナー。OD缶よりも燃料コストが安く気軽に使えるのがメリットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました