オーテックキャンプから新商品第2弾「クッキングシェルター」「スリーフェイス」登場

オーテックキャンプクッキングシェルタースリーフェイスキャンプグッズ

オーディオテクニカのキャンプブランドAUTEC CAMP(オーテックキャンプ)から新たな焚き火関連製品「COOKING SHELTER(クッキングシェルター)」「THREE FACE(スリーフェイス)」が登場しました。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: AUTEC CAMP

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

クッキングシェルター、スリーフェイスの特徴

クッキングシェルター、スリーフェイスの特徴を見ていきます。

クッキングシェルター

販売価格: 19,800円(税込)

クッキングシェルターはオーテックキャンプから先行して販売されているトライアンドグリルの上にのせて使う直火マルチオーブンです。上下の熱源からじっくり加熱したり、炭の配置により短時間で焼いたりなど燻製やオーブン料理など色々な調理を楽しめます。

オーテックキャンプクッキングシェルタースリーフェイス
出典: AUTEC CAMP

前面のスウィングドアは片手で開閉しやすく、観音開きになっているので、食材を出し入れしやすい構造になっています。

オーテックキャンプクッキングシェルタースリーフェイス
出典: AUTEC CAMP

収納時はA4サイズに折りたたむことができ、重量は1.5kgと軽量かつコンパクトです。

オーテックキャンプクッキングシェルタースリーフェイス
出典: AUTEC CAMP

製品仕様詳細
■ブランド名:AUTEC CAMP
■商品名:クッキングシェルター
■サイズ:
展開時/W372×H188×D201mm
収納時/W300×H56×D190mm
(※別売のトライアングリルを含まない)
■材質:ステンレス
■重量:約 1.5kg
■生産国:日本
■セット内容:本体、焼き網、炭置き
(※ケースは付属していません)

スリーフェイス

販売価格: 17,930円(税込)

スリーフェイスは、焚き火台、チャコールスターター、ウィンドガードと1台で3役をこなすマルチツールです。薪をくべれば焚き火台として使うことができ、こちらも収納時はA4サイズに折りたたむことができます。

オーテックキャンプクッキングシェルタースリーフェイス
出典: AUTEC CAMP

本体側面のスリットから空気を取り入れ、煙突効果で燃焼効率を上げることができるため、炭を入れればチャコールスターターとして使えます。

オーテックキャンプクッキングシェルタースリーフェイス
出典: AUTEC CAMP

三角柱型に折りたたむだけでなく、開いて使うとウィンドガード(風防)として使うことができます。

オーテックキャンプクッキングシェルタースリーフェイス
出典: AUTEC CAMP

製品仕様詳細
■ブランド名:AUTEC CAMP
■商品名:スリーフェイス
■サイズ:
展開時/W510×H282×D167mm(ウィンドガード時、片側140°開き)
    W292×H282×D231mm(チャコールスターター/焚火台時、取っ手含む)
収納時/W217×H40×D282mm
(※別売のトライアングリルを含まない)
■材質:ステンレス
■重量:約 1.2kg
■生産国:日本

まとめ

突然の参入で市場を驚かせたオーテックキャンプから早くも第2弾の製品が登場します。今回登場した2品も製品カテゴリは焚き火関連製品で、製品展開の手法が一貫しています。気になる方はチェックしてみてください。

その他焚き火台に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました