DODから人気シェルターテントのTC版「ヨンヨンベースTC」登場

DODヨンヨンベースTCキャンプグッズ

DODの人気シェルターテントヨンヨンベースのTC(ポリコットン)素材バージョン「ヨンヨンベースTC」が登場しました。4.2m×3.7mと居住スペースを広く取れるシェルターテントがTC素材になりより使いやすくなりました。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ヨンヨンベースTCの特徴

ヨンヨンベースTCの主な特徴を見ていきます。

1〜2人で広々使えるシェルターテント

ヨンヨンベースTCはDODの人気シェルターテントヨンヨンベースの素材違いバージョンです。素材以外の基本仕様は変わらず、組立サイズは(約)W420×D370×H210cmと、1〜2人で広々使えるサイズとなっています。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

インナーテントは付属しないため、別途フカヅメカンガルーテントなどのテントなどのインナー用テントがあると便利です。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

ガイロープを全箇所張ると6×6mの範囲に収まるため、区画サイトでも張りやすいサイズです。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

キャノピーポールで拡張もできる

前後の出入り口パネルはキャノピーポールで跳ね上げることができ、居住スペースをさらに広げることができます。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

また、前後の出入り口はフルメッシュにすることもできるため、虫などの侵入を防ぎながら通気性を確保することができます。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

TC素材になり濃い日陰がつくれ火の粉に強く

今回のTC(ポリコットン)素材への変更により、従来のポリエステル素材よりも濃い日陰をつくることができ、幕内でより快適に過ごすことができます。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

また、火の粉にも強い素材なので、近くで焚き火を楽しむこともできます。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

素材変更により重量も重くなっていることもあり、より安定して設営ができるよう、ポールとペグがアルミからスチール素材に変更されています。

DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

販売価格: 55,000円(税込)

製品仕様詳細

カラータン、カーキ、ブラック
DOD STORE価格
(消費税/送料込)
55,000円
組立サイズ(外寸)(約)W420×D370×H210cm
インナーサイズインナーテント無し
収納サイズ(約)W64×D27×H27cm
重量(付属品含む)(約)16.8kg
材質生地:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
ポール:スチール
ペグ:スチール
最低耐水圧150mm
UVカットUPF 50+
セット内容テント生地、サブポール×2本、メインポール×2本、スチールペグ(黒)×8本、ネイルペグ×6本、ロープ(3m)×3本(※)、ロープ(4m)×2本(※)、キャリーバッグ、タイベルト×2本、キャリーバッグ(ポール用)、キャリーバッグ(ペグ用)
※テント生地に取り付け済み
DODヨンヨンベースTC
出典: DOD

ポリエステルとポリコットンどちらを選ぶ?

ヨンヨンベースとヨンヨンベースTC、サイズや形状が同じで素材のみが異なる製品がありますが、どちらを選ぶべきか検討してみましょう。スペックを以下のように比較します。

製品名ヨンヨンベースヨンヨンベースTC
価格(税込)55,000円55,000円
組立サイズ(約)W420×D370×H210cm(約)W420×D370×H210cm
収納サイズ(約)W50×D24×H27cm(約)W64×D27×H27cm
重量(約)7.0kg(約)16.8kg
素材生地:30Dナイロン
(シリコンコーティング・PUコーティング)
ポール:アルミ合金
ペグ:アルミ合金
生地:ポリコットン
(ポリエステル65%、綿35%)
ポール:スチール
ペグ:スチール
メリット・軽量
・収納サイズがコンパクト
・火の粉に強く、濃い日陰がつくれる
・TC素材の割にお買い得
デメリット・結露や火の粉には注意が必要
・価格は同額で割安感はない
・重い
・収納サイズがかさばる

通常ポリコットン素材の方がポリエステル素材の幕よりも販売価格が高くなりますが、ヨンヨンベース、ヨンヨンベースTCに関しては両製品の販売価格は同額の55,000円(税込)です。コストパフォマンスという意味ではヨンヨンベースTCの方がお買い得と言えるでしょう。

一方で考慮が必要なのは重量です。ヨンヨンベースの7.0kgに対しヨンヨンベースTCは16.8kgです。幕そのものの重さもありますが、ポールとペグの素材変更により総重量は2倍以上になっています。

重量は収納サイズがそれほど気にならず、ポリコットン素材のメリットを重視したい場合はヨンヨンベースTCの方がおすすめです。

まとめ

2022年のDODのテント製品は、いずれも色違い、カラー違いの発表が多く、今回も人気商品のヨンヨンベースがTC素材で登場しました。TC素材派の方にはおすすめの製品です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他シェルターテントに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました