DODからハンモックキャンプ一式セット「いつかのハンモック」登場

DODいつかのハンモックキャンプグッズ

DODから、ハンモックキャンプを行うためのグッズが一式セットになった「いつかのハンモック」が登場しました。ハンモック本体、タープ、ツリーウェア、ハンモックベルト、ペグ、キャリーバッグがセットになっています。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

いつかのハンモックの特徴

いつかのハンモックの主な特徴を見ていきます。

ハンモックキャンプ一式セット

いつかのハンモックは、「いつかハンモックキャンプをやろう」とお考えの方でも気軽に始められるハンモックキャンプに必要な道具が一式セットになった製品です。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

ハンモック本体だけでなく、タープやツリーウェアも付属しているため、ハンモックを張るのに適度な距離感の木さえあればハンモックキャンプができます。ハンモックやタープは、カラビナを引っ掛けるだけで設置できる仕様となっており、ロープワークを覚えていなくても設営できます。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

なお、DODから既に発売されているハンモックスタンドとも互換性があり、2本持っておくと設営場所に縛られることなく、どこでもハンモックを張ることができます。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

ハンモックはメッシュ付き

ハンモック本体はメッシュが付いており、風を通しつつ虫などの侵入を防ぐことができます。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

ハンモックに慣れていない方向けに、ハンモック本体にショックコードが備え付けられており、これらをペグダウンすることで、ハンモックの揺れを抑えることができます。フロア面が広がり窮屈さも軽減されます。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

フロアポケットが底面についており、ソトネノサソイSを入れることができます。マットと併用することで底冷えを軽減し、寝心地を向上させます。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

タープは単体でも使える

付属するポリエステル製のタープは、ポール、ペグ、ロープがあれば単体でも使うことができます。サイズは270×380cmです。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

タープには小型LEDランタンを吊り下げられるフックが付属しています。

DODいつかのハンモック
出典: DOD

販売価格: 13,200円(税込)

製品仕様詳細

カラータン
DOD STORE価格
(消費税/送料込)
13,200円
サイズハンモック本体:(約)W265×D100cm
タープ:(約)W380×D270cm
収納サイズ(約)W36×D16×H16cm
重量(付属品含む)(約)2.1kg
材質ハンモック本体:リップストップ40Dナイロン
タープ:リップストップ68Dポリエステル(PUコーティング)
ペグ:アルミ合金
最低耐水圧タープ:2000mm
静止耐荷重100kg
推奨身長180cm程度まで
セット内容ハンモック本体、ハンモック用ショックコード×4本(本体に取付済み)、ハンモック用カラビナ×2(本体に取付済み)、タープ、タープ用ロープ×4本、カラビナ付きロープ×2本(タープに取付済み)、ハンモックベルト×2、ツリーウェア×2、ペグ×4、ペグ用キャリーバッグ、キャリーバッグ
DODいつかのハンモック
出典: DOD

まとめ

まだまだハンモックキャンプを楽しんでいる方はキャンプ人口全体から見れば少数派ですが、いつかはやってみたいという潜在層は多くいるでしょう。価格も手頃でサイズもコンパクトなので、チャレンジしてみたい方にはおすすめの商品です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他ハンモックに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました