【12月発売】スノーピークからドリッパー兼パーコレーターのフィールドコーヒーマスター登場

フィールドコーヒーマスターキャンプグッズ

2020年12月スノーピークから新商品が登場します。その名もフィールドコーヒーマスター。ドリッパーを内包するパーコレーターというのは今までなかった商品かと思います。気分に合わせて2通りの方法でコーヒーを淹れられます。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: snow peak

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

フィールドコーヒーマスターの特徴

フィールドコーヒーマスターの主な特徴を見ていきます。

ドリッパーは抽出速度にこだわった1つ穴タイプ

ドリッパーでコーヒーを淹れたい場合は、フィールドコーヒーマスターからドリッパーを取り出します。

フィールドコーヒーマスター
出典: snow peak

ドリッパーは1つ穴タイプで、コーヒーがおいしく淹れられるよう抽出速度にこだわった設計になっています。

フィールドコーヒーマスター
出典: snow peak

パーコレーターとして使う場合もドリッパーが活躍

パーコレーターとして使う際には、このドリッパーを中に入れて使います。

フィールドコーヒーマスター
出典: snow peak

ドリッパーにペーパーフィルターを置くことで、パーコレーターでコーヒーを淹れた際に起こる粉が混じってざらつく問題が解消されるという仕組みだそうです。

フィールドコーヒーマスター
出典: snow peak

収納時はコンパクトに

フィールドコーヒーマスターの容量は760mlでコーヒー約4杯分です。ドリパーなどすべての部品はポット内部にしまうことができ、収納時はコンパクトになります。専用メッシュカバーが付属します。

フィールドコーヒーマスター
出典: snow peak

販売開始予定日: 2020年12月

販売価格: 14,800円(税別)

製品仕様詳細
■サイズ
200×130×190(h)mm
■重量
750g
■仕様
セット内容:本体、収納ケース
材質:ステンレス、ガラス、真鍮
容量:760ml

フィールドコーヒーマスターのここが気になる

ドリッパーでもパーコレーターでも飲みたいというニーズはあるか

私もコーヒーを毎日飲みますが、ドリッパー派です。ドリッパー兼パーコレーター派という両方楽しみたい方が世の中にどれくらいいるのか、私の周りにいないだけかもしれませんが、ドリッパーとしてもパーコレーターとしても両方使える!というのがどれくらいの人に響くのかイメージできませんでした。

パーコレーターでフィルター通すなら最初からドリップすればよいのでは?

フィールドコーヒーマスターはドリッパー兼パーコレーターであることが強みではなく、「パーコレーターのデメリット(粉が混じる問題)を解消するためにドリッパーが内包されている」ということであるのかもしれませんが、それがユーザーの課題なのであれば既に他社から同様の製品が出ていてもおかしくない気がします。

粉が混じるのは嫌だけど、ちまちまドリップするのは面倒くさい!という方にはぴったりな商品なのでしょう。

まとめ

販売価格は約1.5万円とスノーピークプライスですが、物自体は高級感があり良い商品だと思います。キャンプにおけるコーヒータイムは非常に重要な時間なので、その道具にもこだわりを持ちたいですね。

その他コーヒーグッズに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました