DODから化繊とダウンの多層構造寝袋「タラコ・デラックス」登場

DODタラコデラックスキャンプグッズ

DODから毛布素材を使った多層構造でおうちの布団のような肌触りと安心感を実現した寝袋「タラコ・デラックス」が登場しました。羽毛布団のノウハウを持つ西川株式会社に製造依頼した製品です。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

タラコ・デラックスの特徴

タラコ・デラックスの主な特徴を見ていきます。

裏表で素材の異なる多層構造の寝袋

タラコ・デラックスは表生地にはダウン素材を、裏生地には化繊素材を使ったユニークな混合素材の寝袋です。裏生地の中にはシルバー保温生地も入っており、地面からの底冷えにも対応するようになっています。

DODタラコデラックス
出典: DOD

裏生地には化学繊維中綿を660gが封入、表生地にはダウン中綿(ホワイトダッグダウン90%、フェザー10%)が600g封入されています。また、本製品は羽毛ふとん生産のプロフェッショナルである西川株式会社に生産を依頼しているとのこと。

DODタラコデラックス
出典: DOD

裏生地が化繊であり、表面生地がTC素材であることにより、一般的なダウン寝袋と比べサイズも重量も増している点には留意が必要です。収納サイズは(約)W65×D25×H25cm、重量は(約)2.8kgとなっており、ファミリーで2〜3個揃えると相当かさばります。

DODタラコデラックス
出典: DOD

表面はTC素材、内側は毛布素材で肌触りが良い

表面生地にはTC(ポリコットン)素材が使われており、一般的なナイロン生地に比べしゃかしゃかせず、肌触りがよくなっています。結露で寝袋が湿ってしまうということも防げるでしょう。

DODタラコデラックス
出典: DOD

また、寝袋内側にはふわふわ感触の毛布生地を縫い付けられていて、優しい肌触りと毛布素材の保温性で温かく眠れます。ただし、快適使用温度0℃の設定なので、本格的な冬キャンプに耐えうる保温性ではありません。

DODタラコデラックス
出典: DOD

足部分を折り込んで長さ調節可能

寝袋のサイズは(約)W210×D80cm となっていますが、足元部分を折り込んで固定できるため、自分の身長に合わせて寝袋の長さを調整できます。

DODタラコデラックス
出典: DOD

こうすることにより、足元の無駄な空間を減らして保温性を高めることができます。

DODタラコデラックス
出典: DOD

また、首周りの特大ネックウォーマーとファスナー内側のドラフトチューブで冷気の侵入を防ぎ、寝袋内の温かい空気を外に逃がしません。

DODタラコデラックス
出典: DOD

販売価格: 29,700円(税込)

製品仕様詳細

カラータン、ライトカーキ
DOD STORE価格
(消費税/送料込)
29,700円
サイズ(約)W210×D80cm 
収納サイズ(約)W65×D25×H25cm
重量(付属品含む)(約)2.8kg
収容可能人数大人1名
材質寝袋表面生地:ポリコットン(ポリエステル85%、綿15%)
寝袋内側生地:ポリエステル100%
中綿上層:700FP ホワイトダックダウン90% フェザー10%  600g
綿下層:ポリエステル100% 660g
推奨身長140cm~185cm 
セット内容本体、キャリーバッグ
その他特徴快適使用温度0℃、下限使用温度-6℃、限界温度-24℃
DODタラコデラックス
出典: DOD

まとめ

化繊とダウンの混合素材寝袋という発想はユニークでDODらしい製品です。ダウンと化繊のいいとこ取りをしていると見ることもできる一方、コストを抑えるために両方の素材を使うことにより、かさばる割に本格的な冬キャンプには耐えられないというデメリットもあります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他DODに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました