フィールドアからソロ用ワンポールテントT/C 240、240 ライト登場

フィールドアワンポールテントキャンプグッズ

2020年にBUNDOK(バンドック)やWAQ(ワック)から登場し人気を博したソロ用ワンポールテント。FIELDOOR(フィールドア)からもワンポールテントT/C 240、ワンポールテント240 ライトの2商品が登場です。両商品の詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: FIELDOOR

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ワンポールテントT/C 240、ワンポールテント240 ライトの特徴

ワンポールテントT/C 240、ワンポールテント240 ライトの主な特徴を見ていきます。

240x240cmで広々、ワンポールで設営簡単

商品名にも含まれている240は、幅と奥行の長さを示しています。ワンポールテントT/C 240、ワンポールテント240 ライトのフロアは正方形で240x240cmと広々設計です。ソロ用としては十分な広さでしょう。

フィールドアワンポールテント
出典: FIELDOOR

また、ワンポールテントなので、1本のポールを立ててペグダウンするだけなので設営も簡単です。

フィールドアワンポールテント
出典: FIELDOOR

インナーは正面・サイドに取り付け可能

インナーテントも付属しており、取り付けは正面にもサイドにもつけることができます。正面に取り付ければ前面半分を前室として使えます。

フィールドアワンポールテント
出典: FIELDOOR

サイドに取り付ければインナーの出入り口とフライシートの出入り口をあわせることができます。スタイルに合わせて柔軟に変更できます。

フィールドアワンポールテント
出典: FIELDOOR

ポリエステル、ポリコットンの2モデルから選べる

ポリコットンモデルのワンポールテントT/C 240、ポリエステルモデルのワンポールテント240 ライトから好みに合わせて選ぶことができます。

ポリエステルモデルのワンポールテント240 ライトは価格がよりお手頃で、軽量で丈夫というメリットがあります。

フィールドアワンポールテント
出典: FIELDOOR

ポリコットンモデルは難燃性があり、焚き火の火の粉に強いのと、結露が起きにくいというメリットがあります。

フィールドアワンポールテント
出典: FIELDOOR

販売価格(ワンポールテント240 ライト): 8,580円(税込)
販売価格(ワンポールテントT/C 240): 13,750円(税込)

製品仕様詳細(ワンポールテント240 ライト)
■サイズ
本体サイズ : (約)240cm×240cm×150cm
インナーサイズ : (約)220cm×110cm×140cm
収納時 : (約)18cm×38cm×16cm

■重量
(約)2kg

■材質
フライシート : 20D リップストップ ポリエステル
インナーテント: ポリエステル
グラウンド : 20D リップストップ ポリエステル
ポール : 超々ジュラルミン (A7075系)

■耐水圧
2,000mm以上

製品仕様詳細(ワンポールテントT/C 240)
■サイズ
本体サイズ : (約)240cm×240cm×150cm
インナーサイズ : (約)220cm×110cm×140cm
収納時 : (約)18cm×38cm×16cm

■重量
(約)4kg

■材質
フライシート : ポリエステル65%、コットン35%
インナーテント: ポリエステル
グラウンド : ポリエステル
ポール : 超々ジュラルミン (A7075系)

■耐水圧
428mm

WAQのAlpha T/Cとの比較

2020年に話題になったWAQのAlpha T/Cと比較します。

スペック比較

メーカーFIELDOOR
(フィールドア)
WAQ
(ワック)
商品名ワンポールテントT/C 240Alpha T/C
価格
(税込)
13,750円29,800円
素材
(シート)
フライシート : ポリエステル65%、コットン35%
インナーテント: ポリエステル
グラウンド : ポリエステル
ポール : 超々ジュラルミン (A7075系)
ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
アルミ合金
サイズ本体サイズ : (約)240cm×240cm×150cm
インナーサイズ : (約)220cm×110cm×140cm
フライシートサイズ(外寸):(約)W240cm × D240cm × H150cm
インナーテントサイズ:W230cm x D110cm x H135cm
収納サイズ(約)18cm×38cm×16cm(約)W57×D22×H22cm
総重量(約)4kg(約)6.5kg
カラータンタン

比較した上でのワンポールテントT/C 240の良い点、イマイチな点

ワンポールテントT/C 240の良い点
・価格は超お手頃(同商品カテゴリではおそらく最安)
・日本ブランドの安心感
・より安価なポリエステルモデルもあり

ワンポールテントT/C 240のイマイチな点
・Alpha T/Cのようなフロントフラップ(前室の跳ね上げ)はなし

まとめ

Alpha T/Cのようにフロントフラップがないことで、主に雨天時の雨に濡れない居住空間は狭くなってしまいますが、それを差し引いても約1.4万円でこの品質のソロ用ワンポールテントをつくれてしまうのがフィールドアの強みと言えるでしょう。後発でありながら強みを活かせている印象です。2021年もソロ用テントの市場は盛り上がりそうです。

その他ソロ用キャンプグッズに関する記事はこちら。

タイトルとURLをコピーしました