【特別連載4】キャンプ場ができるまで〜キャンプサイト概要〜

グランレガロあさぎりキャンプ場

2021年夏、静岡県富士宮市に富士山が見えるキャンプ場「GRAN REGALO ASAGIRI(グランレガロあさぎり)」が新たにオープンします。キャンプレビューでは、オープンまでの様子を特別連載という形で密着取材させていただくことになりました。連載第4弾は、キャンプサイトの概要を少しだけご紹介します。

Sponsored by 株式会社NO・A・SO・BI

特別連載シリーズ

キャンプ場ができるまで
株式会社NO・A・SO・BIが2021年夏に富士宮市にオープン予定のキャンプ場「GRAN REGALO ASAGIRI(グランレガロあさぎり)」の施設オープンまでの様子を密着取材する特別連載シリーズです。
連載後半には、読者のみなさまを施設に無料ご招待するイベントも企画しておりますので、ぜひご期待ください。

「GRAN REGALO ASAGIRI(グランレガロあさぎり)」のTwitter公式アカウントでもオープンまでの様子を定期的に情報発信しています。ぜひフォローしてください。

オートキャンプサイト概要

グランレガロあさぎりの敷地内の一部はオートキャンプサイトとなる予定です。まだ建設前で一部変更になる可能性もありますが、どんなキャンプサイトになるかイメージいただけるよう、少し前倒しで情報を公開させていただきます。

オートキャンプサイト
グランレガロあさぎり施設図面

上イメージ図の白抜きで四角くなっている部分がオートキャンプサイトとなる予定です。ゆったりお過ごしいただけるよう、全部で16区画となります。

オートキャンプサイトの特徴

グランレガロあさぎりのオートキャンプサイトの特徴を5つご紹介します。

1. 占有駐車スペース付きの芝サイト

オートキャンプサイトはすべて芝サイトになります。先日グランレガロあさぎり公式Twitterでも簡単にアンケートを取っていただきましたが、やはり芝サイトが人気No.1でした。

広い敷地内を重い荷物を持って移動することが無いように、サイト内の占有の駐車スペースまで舗装された道を移動できます。雨天の時、舗装された場所がサイト内にあるのは設置・撤収等で活躍しそうです。

グランレガロあさぎり
グランレガロあさぎり建設予定地にて撮影

隣接するサイトとは十分な距離がありますがプライバシーが気になる方は駐車位置などを工夫してご利用いただくとよいでしょう。

グランレガロあさぎり
イメージ

2. 区画サイズはゆったり使える10×10m

大型のテントやタープを安心して張っていただけるよう、区画サイズは10×10mの100㎡となっています。サイトを広く使ってぜひおくつろぎください。

グランレガロあさぎり
グランレガロあさぎり建設予定地にて撮影

3. 全サイトAC電源完備

グランレガロあさぎりは標高約500mに位置していますが、秋冬は冷え込むこともあります。寒い時期でもキャンプを安心して楽しんでいただきたいので、全サイトAC電源を完備する予定とのこと。夏場は扇風機を使うこともできますし、冬場は暖房器具の利用も可能なので安心です。管理棟で暖房器具のレンタルも行う予定だそうです。

グランレガロあさぎり
イメージ

4. トイレ、管理棟まで一番遠いサイトでも100m

グランレガロあさぎりのオートキャンプサイトはコンパクトな設計にしているため、どのサイトからでもトイレや管理棟へアクセスしやすい構造になっています。一番遠いサイトでも、トイレや管理棟まではわずか100mです。

5. 自然を感じられるサイト

自然を身近に感じていただけるよう、人の手を加えるのは最低限の範囲にとどめています。オートキャンプサイトの周辺は牧草の広場になっているので、広々と遊ぶことができます。(ボールなどを使う場合は周りの方の迷惑にならないよう気をつけましょう)

施設内の林では夏にカブトムシが捕れる可能性も!

グランレガロあさぎり
グランレガロあさぎり建設予定地にて撮影

オートキャンプサイトのこだわりポイント

オートキャンプサイト設計にあたり、こだわったポイントはどこなのか、株式会社NO・A・SO・BIの取締役伊藤さんに聞いてみました。

こだわりポイント1: 家族に優しいキャンプ場

私自身も、娘が2人(記事執筆時時点で小3、年中)がいるのですが、キャンプ場に限らず子供と行動するというのは結構な制限事項になります。大人では我慢できることや気にしなくて良いことを事前にチェックするのが当たり前になりました。
グランレガロあさぎりは、上記の特徴で説明させていただいたように(ファミリー)キャンプビギナーさんが安心して過ごせるようなキャンプ場にしたいと思って設計しています
グランレガロあさぎりでキャンプデビューをして、様々な土地でいろんな野遊びの思い出を作っていただけたら嬉しいですね。

こだわりポイント2: 余裕を持ったレイアウト

経営面を考えるとたくさんのお客さまに効率よく利用してもらうのが一番なんですけど(笑)、でもせっかく広い土地にぎゅうぎゅうになるのも私が利用者だったら嫌だなという単純な理由で、自分で設計できるんだし贅沢に配置しよう!と思って今の設計になりました。

今の設計ではなく、収容数を重視した狭めのオートサイトにすれば2~2.5倍、フリーサイトにしたら4~5倍の収容が可能だと思います。

占有区画以外を広々と取って施設に余裕をもたせることで、顧客体験やサービスの質の向上につなげていけたらと思っています

こだわりポイント3: 水が美味しい!

グランレガロあさぎりはなるべく自分のサイトで完結できるように、簡易シンクを各サイトに設置する予定です。

そこの蛇口から出る水は、富士山麓の大自然が水源となっています。よく大自然に行くと、空気も美味しいし、水もきれいと表現しますがまさにそれです(笑)

富士山を見ながら、雄大な自然の恩恵を感じて、そのまま飲んでもよし、お米を炊いてもよし、コーヒーを淹れてもよし…。ぜひグランレガロあさぎりにお越しの際には水も気にしてみてください。

※施設内で十分な供給量と水圧を確保するために貯水タンクを設置します。十分な水量を確保しておりますが、利用者みなさんが快適に使えるようご協力いただければと思っております。

次回予告

次回の連載では、グランレガロあさぎり内の公共施設である、こだわりの管理棟についてご紹介します。

※次回の連載は2021年4月22日を予定しています。

コメント

  1. […] ↓↓↓記事はこちらから↓↓↓ […]

タイトルとURLをコピーしました