新ジャンルのファイヤーギアHigh Camp Go!!の「Bonflame(ボンフレイム)」

ボンフレイムキャンプグッズ

スパーキークリエイト株式会社が展開するアウトドアブランドHigh Camp Go!!から焚き火台と薪ストーブの間のような新ジャンルのファイヤーギア「Bonflame(ボンフレイム)」が2021年4月下旬よりクラウドファンディングで先行販売されます。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: High Camp Go

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ボンフレイムの特徴

ボンフレイムの主な特徴を見ていきます。

焚き火台?薪ストーブ?新しいファイヤーギア

ボンフレイムの一番の特徴はこのユニークな構造です。二次燃焼を促す形状の焚き火台が流行となる各社から販売されていますが、ボンフレイムはそれらとは一線を画すデザインとなっています。

ボンフレイム
出典: High Camp Go

本体下部から薪をくべていくものの、先端には煙突のようなものがあり、小型の薪ストーブのようにも見えます。

ボンフレイム
出典: High Camp Go

High Camp Go!!では、ボンフレイムをファイヤーギアと定義しており、焚き火台のジャンルにも薪ストーブのジャンルにも当てはまらない新しい商品と位置づけているようです。

煙突効果により高火力調理ができる

この煙突のついた独特な構造がもたらす大きなメリットが火力の強さです。煙突の長さの分だけ上昇気流が起こりやすくなり燃焼効率が上がるため、従来の二次燃焼ストーブとは比にならない高火力が生み出されています。

ボンフレイム
出典: High Camp Go

この煙突の吹出口にはゴトクがついており、鉄板などを乗せて調理を行うことも可能です。肉料理などは表面がカリッと焼けておいしく仕上がるでしょう。

ボンフレイム
出典: High Camp Go

こだわりのステンレス製、収納時はコンパクトに

ボンフレイムの素材は1.5mmの厚いステンレスとのこと。光熱による歪みなどが発生しないような加工がされているものと思われます。

ボンフレイム
出典: High Camp Go

収納時は本体内部に煙突部分を収納できるようになっており、非常にコンパクトに携行できます。

ボンフレイム
出典: High Camp Go

販売価格: 34,800円(税込)
※クラウドファンディングにより一定の割引リターンあり

製品仕様詳細
サイズ:H46cm×W36cm×D12.3cm(組み立て時)
    H12.5cm×W36cm×D12.3cm(収納時)
重量:約2.6kg
耐荷重量:3kg (煙突上部)
パーツ構成:ボディ×1, 煙突×1, 天板×1, 投入口プレート×1,五徳プレート×2
材質:ステンレス鋼
生産国:日本

2021年4月下旬よりクラウドファンディング開始

詳細は未だ発表されていませんが、クラウドファンディングによるプロジェクトが2021年4月下旬より開始されるとアナウンスされています。詳細が分かり次第記事を更新します。

まとめ

まだまだ商品詳細が発表されていない中で未知の部分が多くありますが、見た目が非常にインパクトがある製品であるがゆえに、特にこだわりのあるキャンパーのみなさまから強い支持を得られる製品ではないかと感じました。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他焚き火台に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました