ハイランダーからカンガルースタイルにぴったりの自立式インナーテント登場

自立式インナーテントキャンプグッズ

Hilandar(ハイランダー)からシェルターなどに小型テントを立てるカンガルースタイルにぴったりな自立式インナーが登場です。ポリコットン素材で2人用と3人用の2サイズ展開。DODのカンガルーテントとど競合となります。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: Hilandar

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

自立式インナーテントの特徴

自立式インナーテントの主な特徴を見ていきます。

ポリコットン素材で結露に強い

自立式インナーテントの素材はポリエステル65%、コットン35%のポリコットン素材となっています。ポリエステル素材のテントと比べ、結露しにくい素材です。

自立式インナーテント
出典: Hilandar

2人用と3人用の2サイズ展開

2人用はW220×H130×D120cm、3人用はW220×H130×D180cmとなっており利用人数に合わせてサイズを選べるようになっています。

自立式インナーテント
出典: Hilandar

出入口は前後2箇所、3人用はベンチレーションあり

2人用、3人用共に出入口は前後に2箇所あり、フルオープン、フルクローズ、メッシュにすることが可能です。

自立式インナーテント
出典: Hilandar

3人用はテント上部にベンチレーションがあり通気性が考慮されています。

自立式インナーテント

販売価格(2人用): 9,980円(税込)
販売価格(3人用): 10,980円(税込)

製品仕様詳細(2人用)
素材:ポリエステル65%、コットン35%(本体、収納袋)
サイズ:約W220×H130×D120cm
収納サイズ:約W50×H15cm
重量:約2.55kg
付属品:ポール2本、ペグ4本、収納袋

製品仕様詳細(3人用)
素材:ポリエステル65%、コットン35%(本体、収納袋)
サイズ:約W220×H130×D180cm
収納サイズ:約W60×H15cm
重量:約3.6kg
付属品:ポール2本、ペグ4本、収納袋

DODのカンガルーテントとの比較

カンガルーテントとして先行しているDODのカンガルーテントと比較します。

スペック比較

メーカーHilandar
(ハイランダー)
DOD
(ディーオーディー)
商品名自立式インナーテントカンガルーテント
価格
(税込)
9,980円(2人用)
10,980円(3人用)
14,800円(S)
17,800円(M)
素材
(本体)
ポリコットン
(ポリエステル65%、コットン35%)
コットン100%
組立サイズ約W220×H130×D120cm(2人用)
約W220×H130×D180cm(3人用)
(約)W220×D150×H128cm(S)
(約)W210×D210×H140cm(M)
収納サイズ約W50×H15cm(2人用)
約W60×H15cm(3人用)
(約)直径21×長さ70cm(S)
(約)直径21×長さ77cm(M)
総重量約2.55kg(2人用)
約3.6kg(3人用)
(約)4.3kg(S)
(約)4.9kg(M)
その他特徴・グラウンドシート付属
・入口2箇所、メッシュ2箇所
・グラウンドシート付属
・入口1箇所、メッシュ4箇所
・ワンタッチ組み立て

比較した上での自立式インナーテントの良い点、イマイチな点

自立式インナーテントの良い点
・お手頃な価格設定
・ポリコットン素材で結露に強い
・サイズ感はそこそこで、収納サイズもコンパクト、軽量

自立式インナーテントのイマイチな点
・出入口は2箇所のみ
・組み立てはワンタッチとはいかず

まとめ

自立式インナーテントはハイランダーらしいシンプルでお手頃価格の製品に仕上がっています。インナーテントは外に露出するものでもないので、デザイン等は気にする必要ありませんし、ベーシックな作りの方がいいかもしれません。カンガルースタイルにこれから挑戦される方はぜひご検討ください。

その他テントに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました