イワタニからカセットフー専用のホットサンドグリル登場

イワタニホットサンドグリルキャンプグッズ

Iwatani(イワタニ)から同社のカセットこんろカセットフーやプチスリムII、タフまるJr.などに専用設計されたホットサンドメーカー「ホットサンドグリル」が登場しました。イワタニのカセットこんろを使っている方は特に要注目です。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: Iwatani

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ホットサンドグリルの特徴

ホットサンドグリルの主な特徴を見ていきます。

グリルの焼面に溝がついておりガタつかない

カセットフー専用と謳っているのがこの焼面の溝です。四方の角が窪んでいる構造になっており、ゴトク上に置いた時にホットサンドグリルが安定するようになっています。

イワタニホットサンドグリル
出典: Iwatani

このように溝にはまるので、左右にぐらついたりすることはないでしょう。未検証ですが、イワタニ製以外のカセットコンロでも、ゴトクがX字に90度ずつ広がっている構造のカセットコンロであれば同じ用に使えそうです。

イワタニホットサンドグリル
出典: Iwatani

セパレート式でお手入れ簡単

両面のグリルは蝶番部分から外せるようになっており、セパレート式です。私もホットサンドメーカーを2つ所持していますが、グリルを洗う際にセパレート式であるかないかが非常に重要です。

内側はフラット面と波型面になっており、片面のみ焼き目をつけられます。

イワタニホットサンドグリル
出典: Iwatani

仕切りがなく様々な調理が可能

斜めや縦に凸がついているホットサンドメーカーとは違い、仕切りがないためホットサンド以外の調理にもマルチに使えます。写真は焼肉ビビンバですが、「ホットサンドグリルレシピ」が付属しているため、様々なレシピに挑戦できます。

イワタニホットサンドグリル
出典: Iwatani

販売価格: 2,490円(税込)

製品仕様詳細

商品名カセットフー 専用アクセサリー「ホットサンドグリル」
希望小売価格オープン価格
型式CB-P-HSG
本体サイズ本体:幅14.1×奥行35.4×高さ5.0㎝
グリルプレート(内径):横13.1×縦11.6×高さ2.7㎝
本体重量約570g
材質グリルプレート:アルミニウム合金(内面:フッ素樹脂加工)
取っ手 :ステンレス、フェノール樹脂
適合機種イワタニカセットフーシリーズ(一部の機種除く)

まとめ

ホットサンドメーカーは家でもキャンプでも使えるキッチングッズの代名詞的な存在で、コロナ禍においても販売しやすい製品の1つになっていると思われます。後発ではあるものの、自社製品との相性をアピールしながら独自性を出しているため、イワタニのカセットコンロを使っている方はぜひチェックしてみてください。

その他ホットサンドメーカーに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました