ロゴスから組立5分の超大型タープ「Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA」登場

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BAキャンプグッズ

LOGOS(ロゴス)から組立サイズ500×475cmの超大型タープ(ドーム型シェルター)「Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA」が2021年4月30日から発売されます。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: LOGOS

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BAの特徴

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BAの主な特徴を見ていきます。

500×475cmの超大型シェルター

ロゴスはタープとカテゴライズしているようですが、Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BAはドーム型の大型シェルターと言ったほうがしっくりきそうです。組立サイズは500×475cmとなり、高さも最長部は270cmとなり内部の圧迫感もなさそうです。

商品名はデカゴンですが、形は十角形ではなく八角形です。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

以下の写真のように内部で9人分のテーブルとチェアを使用してもスペースに余裕があります。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

シェルターとしてリビングスペースのみの利用も可能ですし、別売りのグランドシート、インナーテントを使えば半分を寝室として、もう半分をリビングスペースとして2ルームテントのようにも使えます。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

車体連結用ジョイントで車とつないで設営することもできます。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

QUICK SYSTEMで組立てわずか5分

この大きさであれば相当設営が大変そうだと思いますが、ロゴスのQUICK SYSTEMというものが採用されており、わずか5分ほどで組み立てられるとのこと。折りたたみ傘のようにフレームを折りたたむような構造になっています。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

実際に設営する動画がこちらで紹介されているので、動画で見たほうがイメージが湧きやすいかと思います。

【超短動画】ソーラースペースベース・デカゴン 500-BA

雨、風、日差しにも強い

一部のフレームはクロスフレームとなっており、フルクローズ時に風で倒壊しないよう強度が補強されています。屋根部分のフレームはXの中心点を起点に湾曲しているので、雨水が溜まるストレスはありません。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

また、トラッドソーラーコーティングを施した生地をシートの内側に使用しており、紫外線をカットし、太陽光による熱を吸収します。

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

販売価格: 218,900円(税込)

製品仕様詳細
総重量:(約)27.0kg
サイズ:(約)幅500×奥行475×高さ270cm
収納サイズ:(約)幅124×奥行36×高さ36cm
主素材:[メインフレーム]ソリッドグラスファイバー
    [パネルフレーム]7001アルミ合金
    [キャノピー]スチール
    [ハーフフライ]難燃性バルキーポリタフタ(裏面:トラッドソーラーコーティング、耐水圧1500mm、UV-CUT加工)
    [フライシート]難燃性バルキーポリタフタ(耐水圧1500mm、UV-CUT加工)
    [メッシュ]ポリエステル

Tradcanvas ソーラー スペースベース・デカゴン500-BA
出典: LOGOS

まとめ

この細いフレームで強度は大丈夫なのか不安になりますが、これだけ大きなシェルターをわずか5分で設営できるというのは大きなメリットでしょう。ロゴスは商品名が長くピンとこないカタカナが並ぶことが多いので非常にもったいないと思います。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他ロゴスに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました