ミズノの「ブレスサーモ ダウンシュラフ」がスポーツオーソリティで独占販売

ミズノブレスサーモ ダウンシュラフキャンプグッズ

総合スポーツメーカー ミズノ株式会社が開発した吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を採用した「ブレスサーモ ダウンシュラフ」が2021年9月初旬より、スポーツオーソリティにて独占販売されます。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: SPORTS AUTHORITY

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ブレスサーモ ダウンシュラフの特徴

ブレスサーモ ダウンシュラフの主な特徴を見ていきます。

敷面にミズノ独自の吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使用

ブレスサーモ ダウンシュラフはダウン素材と化繊素材が両方使われた珍しいタイプの封筒型シュラフです。

敷面にはミズノのオリジナル素材吸湿発熱素材「ブレスサーモ」が使われており、吸湿性能に優れ、
吸湿・発熱した空気を繊維間に取り込んで保温します。

汗をかいてもムレにくく、ドライで快適な衣服内環境を保ちます。温かさはもちろん、汗処理や着心地など、快適性能も追及した寒い季節に欠かせない、ミズノ独自の機能素材は寝袋にもぴったりです。

ブレスサーモ機能説明

掛け面はリサイクルダウンを使用

一方で掛け面の方にはダウン素材が使われています。

使われなくなった羽毛ふとんを回収し、国内の羽毛加工工場にて選別、洗浄を行ったあと、新たな製品(シュラフ)として生まれ変わりました。

リサイクルダウン

使いやすいセパレート構造

封筒型のシュラフであるものの、掛け面と敷面を完全に分離できるセパレート型なので、布団と同じように敷布団と掛け布団を分けることもできます。

抗菌防臭加工を施した生地を使用しているので、お手入れも比較的簡単です。

販売価格: 29,700(税込)

製品仕様詳細
■商品名
ブレスサーモ ダウンシュラフ
■サイズ
約195×70cm 収納時:約42×φ24cm
■質量
約1,600g
■生地
ポリエステル100%
■中綿
掛けダウン80%、フェザー20%
敷きポリスエステル70%、合成繊維(ブレスサーモ)30%
■使用目安
-5℃~

まとめ

ミズノの機能素材が寝袋にも転用されるということで、暖かさがどれほどのものか非常に気になりますね。使用温度は-5℃~となっているため、低地であれば冬キャンプでも使えそうです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他寝袋に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました