テンマクデザインから真鍮シェードのLEDランタン「TOMOSU ブラス」登場

テンマクデザインTOMOSUブラスキャンプグッズ

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)から、OUTING(アウティング)、POST GENERAL(ポストジェネラル)とのコラボ商品「TOMOSU(トモス) ブラス」が登場します。同社初のLEDランタンで、シェードは真鍮製です。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: tent-Mark DESIGNS

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

TOMOSU ブラスの特徴

TOMOSU ブラスの主な特徴を見ていきます。

OUTING、POST GENERALとのコラボLEDランタン

TOMOSU ブラスは、テンマクデザインとアウティング、ポストジェネラルの3社によるコラボ商品です。テンマクデザインとしては初のLEDランタンの発売となります。

ポストジェネラルのOEM製品ではあるものの、ポストジェネラル自身が販売しているハングランプタイプ2や、クイックキャンプもが021年に同社のOEM製品として発売したハングランプタイプQとは一部仕様が異なります。

最大の特徴は真鍮製のシェード

ハングランプタイプ2、タイプQが2,000円前後であるのに対し、本製品は10,000円弱しますが、その理由の大部分は真鍮製のシェードにあります。直径21cmの真鍮シェードは高級感があり、プラスチック製のシェードとは一線を画す所有感を得られるでしょう。

内蔵バッテリー搭載、最大光量は200ルーメンで調光可能

ハングランプタイプ2と比べ、基本仕様もいくつかスペックアップしています。単4電池ではなく内蔵バッテリーになったことで明るさも最大200ルーメンまで上げられ、調光も可能になりました。

商品名TOMOSU ブラスハングランプタイプ2
サイズ直径210×高さ130cm直径210×高さ175cm
明るさ約30〜200ルーメン約50ルーメン
連続稼働時間約5〜36時間約24時間
調光可能不可
バッテリーリチウムイオンポリマー電池
1800mAh
単4電池×3本

ハイモードでは200ルーメン、5時間、ローモードでは30ルーメン、36時間の使用が可能です。

ハングランプタイプ2と同じく、本体はIPX4の防水で、リモコンが付属します。

販売価格: 9,900円(税込)

発売予定日: 2022年4月下旬

製品仕様詳細
■素材
シェード:真鍮
ソケット・リモコン:ABS樹脂
LEDライト:ポリカーボネート
■サイズ
[収納サイズ]
(約)150×100(高)mm
[使用サイズ]
シェード
直径(約)210×130(高)mm
ライト本体
(約)155×55mm 紐の長さ1050mm
■重量
シェード:(約)450g
ライト本体:(約)110g
■付属品
USB充電ケーブル、リモコン(テスト電池付属、使用可能範囲:約3m)
■商品仕様
生活防水レベル
IPX4
■内臓バッテリー
リチウムイオンポリマー電池1800mAh
※リモコンは防水仕様ではありません。
■原産国
中国

まとめ

値は張るものの、こういったLEDランタンはプラスチック製のシェードが多い中で、真鍮製のシェードというのは使い込むほどに味が出ることもあり、愛着が沸く一品となるでしょう。LEDランタンとしてもハングランプよりもスペックアップしており、おしゃれなLEDランタンを求めていた方にはおすすめです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他LEDランタンに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました