YOKAのティピーテント「YOKA TIPI」がアルミポールになって再販開始

YOKA TIPIキャンプグッズ

YOKA(ヨカ)のティピー型テント「YOKA TIPI(ヨカティピー)」の再販予約受付が2022年1月6日より始まっています。カーボンポールが今回のロットからアルミポールに変更になりました。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典:YOKA

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

YOKA TIPIの特徴

YOKA TIPIの主な特徴を見ていきます。

1〜2人用のティピーテント

YOKA TIPIは1〜2人用のティピーテントです。サイズはW270cm x D270cm x H175cmの四角錐形状となっています。カラーはダークカーキで、光の加減によって緑系に見えるときと茶色系に見えるため、雰囲気の変化を楽しむことができます。

YOKA TIPI
出典:YOKA

出入り口は前後2ヶ所にあり、フルクローズ、フルオープン、片方だけ開けた状態にすることも可能です。

YOKA TIPI
出典:YOKA

専用の収納ケースも付属しており、コンパクトに持ち運ぶことが可能です。

YOKA TIPI
出典:YOKA

薪ストーブ用の煙突穴もある

特徴的なのは頂点付近にある煙突穴です。テント内に薪ストーブを置き、煙突のみを幕外に出すことができます。煙突穴はあるものの、テント内での火器利用には以下の注意書きが記載されているので、十分注意しましょう。

<薪ストーブ使用時の注意点>
*必ずお読みいただき、ご承諾いただける方のみご購入ください。
*テント内での火気の取り扱いは大変危険の伴う行為です。本商品はその安全性を保証するものではございません。
*本品に起因する事故、怪我、火傷、火災等に対する一切の責任は負いかねます。

ご了解いただける方のみご購入下さい。
・テントに外的に力がかかる状態(積雪、強風、大雨等)において使用しないでください。
・すべての固定箇所を確実にペグ止めし、事故につながる可能性が無いか、周囲の状況をよくチェックしてご使用下さい。
・煙突とテント本体が触れていないかよくチェックしてください。
・薪ストーブを使用する際は一酸化炭素検知器を必ず併用し、時々完全に換気して下さい。
・炭を燃料にしないで下さい。
・就寝前には完全に消火し、再燃焼の可能性がないかよく確かめて下さい。
・防炎布は高い耐熱性がありますが、使用するにつれて変形、変色します。
・防炎布はハサミでカットできますので、ご使用の煙突の太さに合わせて穴を広げてください。
・万が一の事態に備えて市販の煙突保護カバーを取り付けて下さい。
・煙突はぐらつきがないよう、しっかり固定して使用してください。
・煙突径がφ10㎝以下のキャンプや携帯用の小型薪ストーブをお使い下さい。家庭用の薪ストーブは使用しないでください。
・火の粉は十分に対策を施しても出る可能性があります。テントに落ちると穴が開きます。多少の傷みでも気になる方は、ご注意下さい。

YOKA TIPI
出典:YOKA

煙突穴は2枚のカバーで覆われており、使わない時はカバーをかければ雨水などが入ってきません。内側の耐熱カバーには直径8cmの穴が空いているものの、煙突の太さに合わせカットすることで様々な薪ストーブが利用できます。

YOKA TIPI
出典:YOKA

内側の耐熱カバーは取り外せるようになっており、交換することも可能です。

YOKA TIPI
出典:YOKA

スカート一体型で冷気の侵入を防ぐ

テントのスカートは一体型になっているため、隙間風の侵入を防ぎます。

YOKA TIPI
出典:YOKA

テント内側の頂点部分にはフックが2つついており、ランタンなどを吊るせるようになっています。

YOKA TIPI
出典:YOKA

また、テントの外周にはリフレクターがついており、夜間でも見つけやすくなっています。

YOKA TIPI
出典:YOKA

販売価格: 31,900円(税込)

9thロット受付期間: 〜2022年1月20日

前モデルはこちら

製品仕様詳細
・サイズ:W270cm x D270cm x H175cm
・本体素材:40Dリップストップナイロン(表面シリコン、裏面PUコーティング)
・煙突部素材:シリコン+グラスファイバー耐熱布
・ポール素材:アルミ
・重さ:約2kg(本体・ポール・煙突穴パーツ込み)
・本体色:ダークカーキ(光の加減によって緑系に見えるときと茶色系に見えるときがありますので、ご注意ください。)
・ペグ:付属しません
・インナー:付属しません。
・中国製

YOKA TIPI
出典:YOKA

まとめ

冬キャンプでは薪ストーブがあると寒さ対策としては万全ですが、煙突の通し方には工夫が必要です。その点、YOKA TIPIのように専用の煙突穴のあるテントはより使いやすいでしょう。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他YOKAに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました