【新商品】Ankerからポータブル電源の新型 Anker PowerHouse II 400 登場

Ankerアイキャッチキャンプグッズ

充電のグローバル・リーディングブランド「Anker」からポータブル電源の新商品「Anker PowerHouse II 400」が登場しました。発売は2020年10月29日です。他社のポータブル電源や、Ankerの旧モデルとの違いなどを中心にレビューします。

アイキャッチ画像出典: Anker

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

以前のポータブル電源に関する記事はこちら。

Anker PowerHouse II 400の特徴

旧モデルAnker PowerHouseよりも1万円安く、容量は少し減

旧Anker PowerHouseは定価49,800円(税込)だったのに対し、Anker PowerHouse II 400は39,800円(税込)と1万円割安になっています。他社製品は6万円前後の価格帯の商品が多いので、5万円弱で購入できるというのは魅力的な値付けと言えます。

安くなっただけで容量も大幅ダウンしてしまっては意味がないですが、旧Anker PowerHouseが120,600mAhだったのに対し、Anker PowerHouse II 400は108,000mAhとなっており、そこまで大幅ダウンはしていません。

MacBook Pro 13インチを約5回、iPad Pro (第4世代)を約8回、スマートフォンなら20回以上の充電が可能とのことです。

Anker比較
出典: Anker

出力だけでなく入力にもType-Cポート追加

対応機器が増えてきているUSB Type-Cポートの出力口が1つ追加されました。Anker PowerHouse II 400は出力だけでなく、入力にもType-Cポートがあり、最短4時間で満充電できるようになっています。

Type-C
出典: Anker

PowerIQ 3.0 (Gen2)によるフルスピード充電

Ankerの独自技術PowerIQ 3.0 (Gen2)を搭載しています。USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格にも対応し、より幅広い機器への急速充電に対応しました。

フルスピード充電
出典: Anker

製品仕様詳細

サイズ約255×148×139mm
重さ約4.6kg
容量108,000mAh / 388.8Wh
入力DC:11 – 28V = 5.5A(最大65W)
USB-C:5V = 3A / 9V = 3A / 15V = 3A / 20V = 3A(最大60W)
合計最大入力:125W(※USB-C充電器は別売りです。)
出力AC:110V ~ 2.72A 50 – 60Hz, 300W(瞬間最大600W)
USB-A:5V = 7.2A(各ポート最大 12W / 3ポート合計最大 36W)
USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V = 3A / 20V = 3A(最大60W)
シガーソケット + 5.5mm DC:12V = 10A(合計最大120W)
8ポート合計最大出力:516W
パッケージ内容Anker PowerHouse II 400、ACアダプタ(65W出力)、
USB-C&USB-Aケーブル、USB-C&USB-Cケーブル、取扱説明書
注意事項– 本製品は過放電を防ぐため、初回ご利用時は充電できない状態(ロック状態)になっています。付属のACアダプタで製品本体を充電いただくことでロックが解除されます。
– ACポートの最大出力は300Wです。常時300W以上の出力が必要な機器が接続された場合、本製品は安全のため、自動的に電源がオフになります。- ソーラーチャージャーによるDCポートからの充電は12V-28Vでの出力に対応しております。USB-Cポートでの充電にも対応しておりますが、充電環境や出力により満充電まで長時間必要になる場合があります。

競合商品、Anker旧モデルとの比較

商品名Anker PowerHouse II 400Anker
PowerHouse
PowerArQ2Jackery
ポータブル電源 700
LACITA
ENERBOX01
メーカーAnker JapanAnker Japan加島商事Jackery Japanポスタリテイト
価格
(税込)
39,800円49,800円59,800円79,800円50,830円
本体容量108,000mAh
388.8Wh
120,600mAh
434Wh
45,000mAh
500Wh
192,000mAh
700Wh
120,000mAh
444Wh
AC出力1口1口2口2口3口
AC出力電力300W
(最大600W)
?通常300W
(最大450W)
通常500W
(最大1,000W)
通常400W
USB出力Type-A: 3口
Type-C: 1口
Type-A: 4口
Type-C: 無し
Type-A: 4口
Type-C: 1口
Type-A: 3口
Type-C: 無し
Type-A: 3口
Type-C: 無し
ワイヤレス充電非対応非対応対応非対応非対応
サイズ約255×148×139mm20 x 16.5 x 14.5 cm29.5 x 19.5 x 19.1 cm38.79 x 34.19 x 28.79 cm41 x 22.2 x 18.6 cm
重量約4.6kg4.2kg6.2kg8.48kg5kg
メーカー保証18ヶ月
(Anker会員: 2年)
18ヶ月
(Anker会員: 2年)
2年2年1年
カラーブラックブラックレッド
オリーブ
ジェットブラック
タン
チャコール
スノーホワイト
ブラックブラック
ホワイト
各社公式サイトより
created by Rinker
Anker
¥49,800(2021/03/08 01:42:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Smart Tap(スマートタップ)
¥50,800(2021/03/07 21:30:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥79,000(2021/03/07 20:02:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
LACITA(ラ・チタ)
¥59,800(2021/03/08 01:42:26時点 Amazon調べ-詳細)

比較した上でのAnker PowerHouse II 400の良い点、イマイチな点

Anker PowerHouse II 400の良い点
・価格絶対額は抑えられており、容量もそこそこ
・最大8台同時充電可能
・急速充電にも対応

Anker PowerHouse II 400のイマイチな点
・2泊以上のキャンプ、電力商品の多い冬キャンプだと容量が不足するケースも
・カラーバリエーションはブラック1色

金額的には手頃な価格に収まっているものの、容量もダウンしたことにより、冬キャンプ等での利用では足りなくなってしまうリスクもあります。そこまでたくさん容量は必要としない、デジタルガジェットの充電が多いという方にはおすすめの製品です。

まとめ

2020年はクラウドファンディング含め、様々なメーカーからポータブル電源が発売されています。防災意識の高まりからも市場が拡大しているのでしょう。充電のリーディングカンパニーであるAnkerは、製品の品質については安心できますので、気になる方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

その他キャンプグッズに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました