バンドックからメスティンにすっぽり収まる「アルミケトル」登場

バンドックアルミケトルキャンプグッズ

株式会社カワセが展開するブランドBUNDOK(バンドック)から、メスティンにすっぽり収まるサイズの「アルミケトル」が登場しました。容量は350mlと小型ながら、メスティン内部に収納できるコンパクトさです。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: BUNDOK

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

アルミケトルの特徴

アルミケトルの主な特徴を見ていきます。

熱伝導性の高いアルミ製ケトル

アルミケトルは商品名の通りアルミ製のケトル(やかん)です。通常の円形のケトルとは異なり、縦長の平形状となっており、底面積を大きくすることでお湯が沸くまでの時間を早くする工夫が施されています。

バンドックアルミケトル
出典: BUNDOK

メスティンにすっぽりしまえる

この縦長の形状は収納時にも便利で、メスティンの中にすっぽり収納できるようになっています。バンドック製のアルミクッカーBD-907に収納できると紹介されていますが、アルミケトルのサイズは約155×85×62mmなので、トランギアのメスティン(17×9.5×6.2cm)にも収納できそうです。

バンドックアルミケトル
出典: BUNDOK
created by Rinker
trangia(トランギア)
¥1,680(2022/01/21 16:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

容量は350ml

コンパクトであるがゆえに、容量も350mlとそれなりに限定的になっている点は注意が必要です。コーヒー1杯分、カップラーメン1杯分のお湯を沸かすことが多い人にはちょうどよいサイズ感と言えるでしょう。

バンドックアルミケトル
出典: BUNDOK

販売価格: 2,280(税込)

製品仕様詳細
【材 質】:●本体/アルミニウム(アルマイト加工) ●蓋つまみ/フェノール樹脂
【サイズ】:約155×85×62mm
【梱 包】:約160×90×70mm(カラーボックス)
【重 量】:約105g
【仕 様】:●ハンドル含む高さ/約90mm(ハンドル折りたたみ可) ●容量/約350ml ●BD-907 アルミクッカーMに収納可能
【生産国】:中国

まとめ

メスティンをお持ちの方は多いでしょうし、内部空間を収納時に持て余している方、もしくはソロキャンプで少量のお湯を沸かすことが多い方には特におすすめの商品です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他ケトルに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました