DODから43Lのハードクラー マヒャドイナフスキー登場

マヒャドイナフスキークーラー

DODからハードクラーの新商品として、マヒャドイナフスキーが登場しました。43Lのハードクラーで価格は33,000円(税込)スペックを抑えてオーバースペックではなく十分(イナフ)なスペックという本商品の詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

マヒャドイナフスキーの特徴

マヒャドイナフスキーの主な特徴を見ていきます。

容量は買い物かご1.5杯分の43L、2Lのペットボトルを立てて入れられる

内容量は43L、買い物かご1.5杯分入れられるようになっています。ファミリーキャンプであっても2泊くらいであれば食料を保存できそうです。

マヒャドイナフスキー
出典: DOD

地味にありがたいのがこの2Lのペットボトルを立てたまま収納できる点。私はYETIのタンドラ45を使っていますが、2Lのペットボトルは寝かせて収納する必要があり、出し入れがかなり面倒です。

マヒャドイナフスキー
出典: DOD

保冷性能は53時間氷を残存させることができる(理論値)

理論上は53時間氷を残存させることが出来る保冷性能を有しているとのこと。前提条件は以下です。

※40℃の環境で庫内の25%の量の氷を入れ8時間後の氷の残存率を測定(結果:残存率85%)。この残存率をもとに氷が完全に無くなる時間を計算で出しています。
※保証値ではございません。実際の環境温度や蓋の開閉、内容物等によって保冷性能が大きく変動します。

マヒャドイナフスキー

出典: DOD

理論値とはいえ、以下の写真のように、3〜4.2cmの分厚いウレタンを使っているので、ソフトクーラーのような貧弱な保冷性能ということはないでしょう。

マヒャドイナフスキー
出典: DOD

カラーは3色、ソリッドデザイン

ハードクーラーはサイズも大きく、サイトの印象に大きく影響を与えてしまうので、カラー選択はとても重要です。マヒャドイナフスキーはタン、カーキ、ブルーグレーの3色展開です。

収納のしやすさを重視しており、凹凸のないソリッドデザインとのこと。YETIタンドラはバックルのゴムがよく周りのものにひっかかるので、これも嬉しい機能です。

マヒャドイナフスキー
出典: DOD
マヒャドイナフスキー
出典: DOD
マヒャドイナフスキー
出典: DOD

販売価格: 33,000円(税込)

製品仕様詳細

カラータン、カーキ、ブルーグレー
希望小売価格オープンプライス
(DOD STOREでは税込33,000円)
サイズ(約)W64×D36.5×H39.5cm
重量(付属品含む)(約)11kg
材質本体:ポリエチレン
充填剤:ポリウレタン
バックル・パッキン:シリコン
仕切り:ポリエチレン
ドレンキャップ:ABS樹脂、シリコン
静止耐荷重90kg
容量(約)43L
付属品仕切り×2枚、ドレンキャップ×1個

YETIのタンドラ45との比較

マヒャドイナフスキーの商品ページ内には「一週間も氷を残すことは出来ないし、熊に襲われたらひとたまりもないけど、、、」と非常にYETIのキャッチコピーを意識した記載があります。「日本の普通のキャンプシーンでは1週間も宿泊しないし熊も出ない。YETIは日本人にはオーバースペック。」という行間を読んでしまう説明文です。

では、そのYETIのタンドラ45と比較します。

スペック比較

メーカーDOD
(ディーオーディー)
YETI
(イエティ)
商品名マヒャドイナフスキータンドラ45
価格
(税込)
33,000円59,400円(並行輸入品は4.7万円〜)
素材
(本体)
本体:ポリエチレン
充填剤:ポリウレタン
バックル・パッキン:シリコン
仕切り:ポリエチレン
ドレンキャップ:ABS樹脂、シリコン
シェル素材:ポリエチレン
フォーム素材:ポリウレタン
ウレタン厚3〜4.2cm5cm
サイズ(約)W64×D36.5×H39.5cm65.41cm×41.28cm×39.05cm
総重量(約)11kg10.43kg
カラータン、カーキ、ブルーグレータン、ホワイト、ネイビー、セージブラッシュグリーン

マヒャドイナフスキーの良い点、イマイチな点

マヒャドイナフスキーの良い点
・日本人キャンパーのニーズに応えた必要十分なスペック
・価格も海外ブランドと比べ安価
・2Lのペットボトルを立てて収納可

マヒャドイナフスキーのイマイチな点
・うさぎロゴの主張の強さ

まとめ

YETIはオーバースペックだよねというのは良い問題提起で、スペックと価格を抑えたハードクーラーを出そうというのはとても良い試みだと思います。ただ、多くのYETIユーザーは1週間の保冷力や熊に襲われても壊れないという点でタンドラを買っている訳ではなく、そのデザイン性から購入しているのではないでしょうか。だからこそ、マヒャドイナフスキーはもう少しデザインで頑張って欲しかったです。見えない底面はともかく、天板面にあんなに大きなロゴがなければよかったのになと感じました。

その他キャンプグッズに関する記事はこちら。

コメント

  1. […] グリップスワニー初のテントはパップテント FIREPROOF GS TENT クーラー DODから43Lのハードクラー マヒャドイナフスキー登場 キャンプグッズ 2分で完売!サーカスTC DX HUNTER(2020年限定モデル) […]

タイトルとURLをコピーしました