【7月下旬発売】テンマクデザインのソロ向けソフトクーラー「野蔵」NOGURA

テンマクデザイン野蔵キャンプグッズ

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)からソロキャンプ向けのソフトクーラー「野蔵」NOGURA(ノグラ)が2021年7月下旬に発売される予定です。ソフトクーラーでありながら2泊3日持つ保冷力が特徴です。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: tent-Mark DESIGNS

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

「野蔵」NOGURAの特徴

「野蔵」NOGURAの主な特徴を見ていきます。

容量22Lで2泊3日持つ保冷力

「野蔵」NOGURAはソロキャンプ用のソフトクーラーということで、容量は22Lとなっており、1人用の食材や飲料を2泊3日分収納するのにちょうどよいサイズになっています。非利用時にはコンパクトに折りたたんでしまうこともできます。

「2泊3日持つ保冷力」と謳っており、実際に以下の保冷試験を行っているとのこと。

外気温保冷時間
40℃約33時間
30℃約45時間

つまり、外気温30℃の夏のキャンプでも、チェックイン時間が14時であればそのタイミングで氷を入れ、チェックアウトの3日目11時まで保冷力が保たれるということです。

試験の方法は30℃、40℃の温度設定のまま恒温槽に静置した状態で測定しており、ソフトクラーの容量22Lの25%相当である5.5Lの氷体積を重さに換算(5.5×1.091=6.0㎏)し、40℃は6.7㎏、30℃は5.7㎏の氷が完全に溶けるまでの時間を計測しているとのことです。

2Lのペットボトルを縦にも横にも収納可能

容量22Lのコンパクトなクーラーでありながら、2Lのペットボトルを縦に収納することができます。これにより出し入れの煩わしさが軽減されます。

縦だけでなく横にも収納することができるため、ドリンクを保冷剤代わりに下に敷くという使い方もできます。

ソロキャンプ用に天板、デイジーチェーンを装備

「野蔵」NOGURAはソロキャンパーをターゲットにしていることもあり、ソロキャンプ中に使える工夫が随所に施されています。クーラー上部のポケットには天板が収納されており、これをテーブル代わりに使うことができます。

テーブルとして利用している最中にクーラーの蓋を開ける必要が出た場合でも、天板ごと一時的に別の場所に避難できるようになっています。

また、側面上部と下部にデイジーチェーンが付いており、小物をかけたり、バイクやカヌーなどの積載に使ったりすることができます。

販売価格: 1,1000円(税込)

created by Rinker
tent-Mark
¥11,000(2021/12/2 22:14:11時点 Amazon調べ-詳細)

製品仕様詳細
■素材
天板、芯材:ポリプロピレン
外巻
ポリエステルオックス210D(PUコーティング)
底板
ポリエチレン
断熱材
ポリエチレンフォーム(厚さ19mm)
■サイズ
外寸
(約)390×280×320(高)mm(ハンドル含まず)
内寸
(約)350×230×280(高)mm
底板
(約)360×235mm
畳んだサイズ
(約)420×300×150(厚さ)mm(ハンドル含まず)
■容量
(約)22L
■重量
(約)1.5kg
■原産国
中国

まとめ

ソロキャンプ用のソフトクラーということですが、ファミリーキャンプにおいてもサブのクーラーとして重宝しそうです。ソフトクラーは保冷力においてはハードクーラーに及びませんが、きちんと保冷力を測定する実験を行っているため、根拠なく保冷力が高いと謳っているメーカーのソフトクラーよりは信頼できます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他ソフトクラーに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました