DODの大型シェルターロクロクベースがリニュアール 旧モデルとの違いは?

キャンプグッズ

その名の通り6m x 6mと大きさが魅力のDODのロクロクベースがリニューアルされました。価格もロクロク66,000円(税込)だった前作と異なり、新作は88,000円(税込)となっています。リニューアルしてどのような付加価値が加わったのか、旧モデルと新モデルを比較しながら特徴をご紹介します。

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ロクロクベース 新モデルと旧モデルの比較

新モデル旧モデル
商品名ロクロクベース2ロクロクベース
型番TT10-686TT10-560
価格
(税別)
80,000円60,000円
組立サイズW600×D600×H250cmW600×D600×H250cm
収納サイズW73×D35×H35cmW74×D38×H40cm
重量19.5kg20kg
材質テント本体:150D ポリエステル
(PUコーティング,UVカット加工)
ポール:アルミ合金
テント本体:210Dポリエステル
(PUコーティング、UVカット加工)
ポール:アルミ合金
耐水圧2000mm2000mm
UVカットUPF50+UPF50+
付属品鍛造ペグ8本
スチールペグ16本
ロープ5m×4本(テント本体に取り付け済)
ロープ4m×4本(テント本体に取り付け済)
ロープ3m×10本(テント本体に取り付け済)

キャリーバッグ
29㎝スチールペグ6本
28㎝アルミペグ14本
4mロープ×2
3mロープ×10本
キャリーバッグ
カラーブラウン、ライトグレータン
公式サイトより

カタログスペックだけ見ると、ペグとロープだけよくなって2万円値上げ?生地はむしろ210Dから150Dにダウングレードしてるんじゃ…と心配になりますが、安心してください。新モデル、きちんと機能的にもアップグレードしています。

ロクロクベースはココが進化!

1. 跳ね上げられる面が増えてよりオープンなスタイルに

新モデルロクロクベース2では、旧モデルロクロクベースで跳ね上げられなかったコーナーの部分も跳ね上げられるようになっています。これにより、よりオープンなスタイルにも対応できるようになりました。

ロクロクベース2フルオープン

こちらの画像で比較するとその違いがわかりやすいかと思います。

ロクロクベース比較1

2. コーナー部分もメッシュ対応

旧モデルも一応4面メッシュに切り替えることができましたが、新モデルではコーナー部分もメッシュにすることができるようになりました。

ロクロクベース2メッシュ

こちらも並べて比較します。

ロクロクベース比較2

3. ポールカバーがついて安定性が向上

とても地味なアップデートですが、新たにポールカバーがついたようです。おそらく旧モデルで風に煽られるとポールがずれやすいケースがあり、新たに付け加えられたのだと思われます。このような細かい改善はとても好感が持てます。

ロクロクベースポールカバー

まとめ

2万円価格はアップしましたが、シェルターでありながらオープン性も非常に向上しており、使い勝手が大幅に改善された製品リニューアルだと感じました。オススメです!

DOD 公式ECサイト: https://ec.dod.camp/products/list?category_id=12

その他DOD製品に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました