DODからヨクミルヤーツ専用ラック「ノセルヤーツ」登場

ノセルヤーツカケルヤーツキャンプグッズ

DODからコンテナボックス「ヨクミルヤーツ」の専用オプション品が新たに登場しました。専用ラックの「ノセルヤーツ」と、専用フックの「カケルヤーツ」です。ヨクミルヤーツを既にお持ちの方、これから購入しようとしている方にはぴったりのオプションです。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: DOD

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ノセルヤーツの特徴

ノセルヤーツの特徴を見ていきます。

ラックとしてヨクミルヤーツMの底面汚れを防止

ノセルヤーツはヨクミルヤーツの専用オプション品です。ヨクミルヤーツはいわゆるコンテナボックスとなります。詳細はこちらの記事をご覧ください。

コンテナボックスは地面に直起きすると底面が汚れてしまったり、夏場は地面の熱が伝わってしまうという課題があります。それを防ぐためにシートを敷いたり、別途ラックを置いたりしている方も多いでしょう。

ノセルヤーツはヨクミルヤーツ専用にデザインされたラックです。ノセルヤーツをヨクミルヤーツの下に敷くことでラックとして活躍します

ノセルヤーツカケルヤーツ
出典: DOD

ヨクミルヤーツ販売当初から同時発売されてもいいくらいの便利な商品のように見えますが、このタイミングで販売したということは、ヨクミルヤーツの累計販売数がオプション品を出しても大丈夫な一定数に達したということでしょう。

ノセルヤーツカケルヤーツ
出典: DOD

ヨクミルヤーツMの蓋の形状フィットして持ち運び時に邪魔にならない

ヨクミルヤーツに専用設計されている利点もあります。下に敷かな時は蓋に反転させてかぶせることができるため、持ち運び時に邪魔になりません。

ノセルヤーツカケルヤーツ
出典: DOD

カケルヤーツと併用するとさらに拡張可能

別売りのカケルヤーツ(4つで税込1,650円)を購入すると、さらに拡張の幅が広がります。ヨクミルヤーツ2つを並べ、間にカケルヤーツでノセルヤーツをブリッジすることができ、真ん中にメッシュテーブルを作ることができます

ノセルヤーツカケルヤーツ
出典: DOD

さらに複数個のヨクミルヤーツを互い違いに組むことで、サイロ状の2段ラックにように使うこともできます。

ノセルヤーツカケルヤーツ
出典: DOD

販売価格(ノセルヤーツ): 2,750円(税込)
販売価格(カケルヤーツ): 1,650円(税込)

製品仕様詳細

カラーブラック
希望小売価格オープンプライス
サイズ(約)W56.5×D36.5×H7.5cm
上部サイズ:(約)W47.5xD29.5cm
重量(付属品含む)(約)1.1kg
材質スチール
その他特徴分散耐荷重:40kg

ノセルヤーツのここが気になる

ヨクミルヤーツS/Lへの対応は?

注意が必要なのは、ノセルヤーツは「ヨクミルヤーツM」にのみ対応している点です。ヨクミルヤーツSやLでは使えません。(無理やり載せられますが、蓋にかぶせることはできません)

そしてノセルヤーツの商品名は「ノセルヤーツM」ではなく、「ノセルヤーツ」になっています。今後SやLに対応する予定があればこのようなネーミングにならないはずなので、今後ヨクミルヤーツS/Lに対応する望みは薄いと思われます。こういった判断に至った背景としては、ヨクミルヤーツS/M/Lの販売比率が極端にMに寄っているということかもしれません。

2,750円(税込)という価格感

コンテナボックスを汚さないようにするラックという視点だけであれば、専用品でなく汎用品がいくつも市場に出回っています。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,500(2021/04/23 18:24:18時点 Amazon調べ-詳細)

ノセルヤーツの2,750円(税込)という価格設定は、さすがにユニフレームフィールドラックとは価格差があるものの、他社製ラックと比べると若干割高です。蓋に乗せられるという点と、カケルヤーツで拡張できるというメリットがどれくらい受け入れられるか気になります。

まとめ

キャンプグッズがどんどん増えてくるとコンテナボックスの収納力、片付けやすさは本当に重宝します。一方で底面を汚してしまうと車載時に車も汚してしまうという課題は多くの方が感じられていることかと思います。ヨクミルヤーツMを既にお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

その他収納グッズに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました