最大40%OFF!FUTURE FOXのソロテントが10月23日より先行予約開始

FFSTキャンプグッズ

2020年4月より発足した新興アウトドアブランドのFUTURE FOX。2020年10月23日の17時より、クラウドファンディング「GREEN FUNDING」にて新製品Solo TENT(ソロテント)の先行販売が始まります。その詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: FUTURE FOX

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

FUTURE FOXとは?

FUTURE FOXは2020年4月にスタートした南信州発のアウトドアブランドとのこと。本社は長野県下伊那郡松川町に所在するとのことです。オンライン上にあまり情報が出ていませんが、ラソブルーミング合同会社という会社のブランドのようです。

最近ではバーナーの遮熱板テーブルが特にヒットしており、楽天市場のアウトドアジャンルランキングでも上位を維持していました。

遮熱板テーブル
出典: FUTURE FOX

Solo TENT(ソロテント)の特徴

Solo TENT(ソロテント)の主な特徴を見ていきます。

テントにエアマット付き寝袋が同梱

最大の特徴はテントにエアマット付きの寝袋が同梱されている点です。収納袋にまとめてしまえるため、これ1つで最低限の就寝空間を確保できます。荷物をコンパクトにしたいソロキャンプにまさにうってつけです。

ソロテント特徴1
出典: FUTURE FOX

また、エアマットとテントはファスナーで連結するため、撤収と2回目以降の設営がとても楽になります。

ソロテント特徴2
出典: FUTURE FOX

ワンポールフレーム構造により内部空間を広く確保

あまり他社製品では見かけないワンポールフレーム構造を採用しており、少ないフレーム本数で堅牢性を確保しながら居住スペースを広く取る工夫がされています。

ソロテント特徴3
出典: FUTURE FOX

前室を展開しない状態での組立サイズは約 75 x 205 x 105cmですが、内部はそれほど圧迫感を感じないようになっています。

ソロテント特徴4
出典: FUTURE FOX

耐水圧3000mm、縫い目はシームテープで保護

フライシートの生地は耐水圧3000mmです。

ソロテント特徴5
出典: FUTURE FOX

また、すべての縫い目にシームテープ加工がされているため、連続使用による劣化で縫い目から水が漏れるということも起きにくいように対策されています。

ソロテント特徴6
出典: FUTURE FOX

製品仕様詳細

スペック詳細
出典: FUTURE FOX

クラウドファンディングでの応援額とリターン

Solo TENT(ソロテント)の販売はグリーンファンディングというクラウドファンディングサービスで行われます。以下のFUTURE FOXのページからLINEで友達登録をすると詳細案内が来るとのこと。

2020年10月23日17時より先行予約販売開始

リターン一覧
出典: FUTURE FOX

既に記事執筆時点でLINEの友達登録数は8,000人を超えていたので、40%の割引を受けられる先着50名x2色 = 100名分の枠はすぐに埋まってしまうかもしれません。

クラウドファンディングのページが公開されました。

まとめ

Solo TENT(ソロテント)はソロキャンプでのユーザーニーズを徹底的に考えて作られた商品だと感じさせてくれる細部へのこだわりが見える良い商品だと思います。クラウドファンディングで早めに応援すればとてもお得な価格で購入できるのも良い点でしょう。

ただし、FUTURE FOXとしてはおそらく初のテント製品であり、会社の実態を確認できる情報がオンライン上で少ないという点が、消費者としては不安な部分です。新興メーカーの新しい商品展開は積極的に応援したいので、Solo TENT(ソロテント)が気になる方はご購入を検討してみてはいかがでしょうか。

その他テントに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました