【特別連載19】キャンプ場ができるまで〜グランピングエリア〜

グランレガロあさぎりキャンプ場

2022年初頭に、静岡県富士宮市に星空が見える富士山の麓のキャンプ場「GRAN REGALO ASAGIRI(グランレガロあさぎり)」が新たにオープンします。キャンプレビューでは、オープンまでの様子を特別連載という形で密着取材させていただくことになりました。連載第19弾は、グランピングエリアについてご紹介します。

Sponsored by 株式会社NO・A・SO・BI

特別連載シリーズ

キャンプ場ができるまで
株式会社NO・A・SO・BIが2021年秋に富士宮市にプレオープンしたキャンプ場「GRAN REGALO ASAGIRI(グランレガロあさぎり)」の施設正式オープンまでの様子を密着取材する特別連載シリーズです。

「GRAN REGALO ASAGIRI(グランレガロあさぎり)」のTwitter公式アカウントでもオープンまでの様子を定期的に情報発信しています。ぜひフォローしてください。

2022年4月23日にグランピングエリアがグランドオープン

2022年4月23日に、グランレガロあさぎりのグランピングエリアがいよいよグランドオープンします。また、4月1日からはプレオープン期間としてグランレガロあさぎりの公式SNSのフォロワー様限定、30%OFFでお泊りいただけるようになっています。

本記事では、グランレガロあさぎりのグランピングエリアを徹底解剖でご紹介します。

グランピングエリアのご予約はこちらから

グランピングエリアオープンに合わせグランレガロあさぎりのWebページもリニューアルされています。

グランピングエリアを大解剖!3つの魅力

選べる3種の大型ドームテント

グランレガロあさぎりのグランピングエリアには全部で8棟のドームがあり、いずれもドームの大きさは38.40㎡と大型で、定員は2〜4人、バス・トイレなどの設備付きという点は共通です。3種あるドームテントの違いは、インテリアの違いと、ドッグラン設備の有無となります。

グランレガロあさぎり

フォレストドーム

棟数: 4棟
ベッド数: セミダブルベッド2台、シングルベッド1台、ソファーベッド1台
ドッグラン設備: なし

棟数が最も多いフォレストドームです。ベッドもソファーもあるため、2〜3人でのご利用の場合や、お子さんと添い寝される方はよりゆったりできるお部屋になります。

グランレガロあさぎり

ソファーでくつろぎながらドーム内で外の景色を楽しむこともできます。

グランレガロあさぎり

ドッグランドーム

棟数: 2棟
ベッド数: セミダブルベッド2台、シングルベッド1台、ソファーベッド1台
ドッグラン設備: あり

ドッグランドームは富士宮市内では初のドッグラン付きドームテントとなります。むしろドッグラン付きというよりも、ドームを含む120㎡のウッドデッキと100㎡の芝生エリアがすべてフェンスで囲われているため、お食事を含む滞在中はリードをつけずに安心してワンちゃんと過ごせます。また、小さいお子さま連れのお客さまも、お子さまが目のつく範囲から離れてしまうことがないため安心です。

グランレガロあさぎり

ドームテント内にもケージが備え付けられています。小型犬だけでなく、大型犬も宿泊可能です。

グランレガロあさぎり

キシルドーム

棟数: 2棟
ベッド数: シングルベッド4台
ドッグラン設備: なし

以前の連載でもご紹介した家具メーカーキシルとコラボしたキシルドームです。インテリアのほとんどがキシル製の家具で揃えられているため、ドーム内でも木のぬくもりを存分にお楽しみいただけます。

グランレガロあさぎり

シングルベッドが2台しかないように見えますが、このベッドはスライド式になっており、下からベッドが引き出せるようになっています。4人でお泊りの際はこちらがおすすめです。

グランレガロあさぎり

ホテル並の豪華な設備

グランレガロあさぎりのグランピングエリアのもう1つの大きな特徴は、ラグジュアリーな設備です。ドームテントとは別にバス・トイレ棟が各棟にあります。トイレはもちろん温水洗浄便座でウォシュレット付きです。

グランレガロあさぎり

お風呂内はとても広く最新のシャワーや給湯設備が備わっています。

グランレガロあさぎり

アメニティもホテル並に充実しており、備え付けのタオルは今治タオルです。肌触りは最高級で、管理棟でこのタオルは購入することもできます。

グランレガロあさぎり

ドーム内もインテリアだけでなく設備面も充実しています。冷暖房は業務用のパワフルなものが備え付けられているので真冬でも真夏でも快適に過ごせます。冷蔵庫には冷えたドリンクや氷が置いてあります。(お水と氷は無料、その他有料)

加湿空気清浄機も全部屋に完備されているため、乾燥やニオイが気になる方も安心して過ごせます。

グランレガロあさぎり

焚き火やBBQなどアウトドアもしっかり楽しめる

グランレガロあさぎりではグランピングエリアに先行してオートキャンプエリアをオープンしていたので、グランピングに宿泊する方にもアウトドアアクティビティをしっかり楽しんでもらう工夫が施されています

全棟に120㎡のウッドデッキが敷かれており、ドームテントだけでなくガゼボ(屋根付きの食事スペース)が設けられています。こちらにBBQグリル、シンク、ウッド製のチェアとテーブルもあるため、屋外で食事を楽しめます。

グランレガロあさぎり

食事なしの素泊まりプランもありますが、地産地消にこだわった食事付きのプランで泊まると、買い出し不要でほぼ手ぶらで滞在することができます。以前の連載でもご紹介した通り、メニュー開発にもかなりこだわったケータリングメニューをぜひお楽しみください。

グランレガロあさぎり

グランピング施設では焚き火を含む火気の使用が不可なところがありますが、グランレガロあさぎりでのグランピングエリアでは焚き火を楽しむことができます。焚き火台は備え付けられており、宿泊者には薪が無料で提供されるため、「手ぶら焚き火」ができてしまいます

グランレガロあさぎり

グランピングはこんな方におすすめ

どんな方にもおすすめのグランピングですが、特にこんな方にはより一層素敵な体験をしていただけるのではないかと思います。

キャンプし過ぎて設営や撤収がちょっとつらいなと思い始めた方

キャンプグッズが増えすぎて設営に1時間以上かかっている方、ファミリーでキャンプに行き過ぎてご家族に「またキャンプ行くの?」と言われてしまっている方、グランピングはほぼ手ぶらで行けてアウトドアを楽しめる上に、いつもと違う非日常的な体験ができます

ご家族、ご夫婦などでキャンプとは一味違う体験をしてみてはいかがでしょう。

キャンプしたいけどまだハードルが高いなーと感じている方

キャンプには興味がありつつも、道具が揃っていない、レンタルしても設営や撤収ができるか不安という方、グランピングであればほぼ手ぶらでアウトドアを楽しめますし、自信がなくても設営や撤収は不要です

まずはグランピングでアウトドアで過ごすことに慣れてから、徐々にキャンプに移行してみてはいかがでしょう。

特別な日にアウトドアで過ごしたい方

誕生日や記念日など、大切な日に大切な方と高級なホテルで過ごされている方もいらっしゃるかもしれませんが、グランピングであれば、ラグジュアリーな体験を維持しつつリゾートホテルよりもよりアウトドアな体験ができます

ちょっとリッチにアウトドアで過ごしたいという時に泊まってみてはいかがでしょう。

愛犬と一緒にレジャーを楽しみたい方

愛犬と泊まることができるホテルや旅館は限られていて、レジャーを一緒に楽しみたいと思っても宿が取れない…という思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。グランピングであれば、愛犬と一緒にレジャーを楽しむことができます

特にグランレガロあさぎりのドッグランドームは、リードを一切つけずに愛犬と滞在できるため、ワンちゃんも含めお泊りいただく皆さまがリラックスした時間を過ごせます。

次回予告

次回の連載が第20回で最終回となります。

※次回の連載時期は未定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました