モノラルから100gの超軽量焚き火台 ワイヤフレームフェザー登場

ワイヤフレームフェザーキャンプグッズ

軽量焚き火台ワイヤフレームで一世を風靡したMONORAL(モノラル)から、さらに極限まで軽量化を進めた新商品が登場しました。その名もワイヤフレームフェザー。重量はわずか100gです。どのようにしてそこまで軽量化に成功したのか、詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: MONORAL

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

モノラルとは?

東京都町田市に本社を置く有限会社TSDESIGNが2010年に立ち上げたアウトドアブランドがMONORAL(モノラル)です。シンプルで効果的な機能を持ち、かつ人力で運べるアイテムにフォーカスして製品開発しているということで、商品ラインナップはとても個性的でデザイン性、携行性の高いものになっているのが特徴です。

MONORAL
出典: MONORAL

特に焚き火台ワイヤフレームは、ピコグリルと並んで軽量焚き火台の市場を牽引してきた代表的なプロダクトと言えるでしょう。見覚えのある方も多いかと思います。

MONORAL
出典: MONORAL

ワイヤフレームフェザー特徴

ワイヤフレームフェザーの特徴を見ていきます。

驚異の超軽量100g

最大の特徴はその重量です。本体重量はわずか100g、収納袋に入れた状態でも125gに収まっています。

ワイヤフレームフェザー
出典: MONORAL

フレームは折りたたんで収納することができ、とてもコンパクトに納めることができます。ソロキャンプやバックパックでのキャンプなどでも手軽に持っていくことができます。

ワイヤフレームフェザー
出典: MONORAL

安定性の高い独自フレーム設計

火床を支える3本のアームはスプリングとなっており軽量ながら強靱で、火床の重さを分散させる安定構造になっています。中央の丸いジョイントにより3本のアームを束ねているので、火床のメッシュを入れてパーツ数は2点のみです。組立に時間と手間を要しません。火床はチタンメッシュ製です。

ワイヤフレームフェザー
出典: MONORAL

焚き火を引き立てるデザイン

軽くて安定性が高い点は焚き火台の機能として重要ですが、ワイヤフレームフェザーのもう一つの大きな特徴はそのデザイン性の高さです。チタンメッシュの火床と、チタンの細いフレームは存在を主張しない黒子的な存在に徹しており、主役である焚き火を引き立てるデザインとなっています。

ワイヤフレームフェザー
出典: MONORAL

販売価格: 18,000円(税別)

製品仕様詳細
・材 質 : ステンレス/アルミ合金(フレーム)/チタン
・サイズ : 展開時W43.5×D37xH16.5cm/収納時W13×L34cm/火床W30xD28cm
・積載重量 :125g(収納袋含む)
・重 量 : 980g

ワイヤフレームフェザーのここが気になる

耐荷重は大きくなく、たくさんの薪は置けないか?

モノラルのサイト上のスペックでは「積載重量 :125g(収納袋含む)、重量 : 980g」となっていますが、おそらく記載が逆で、耐荷重が980gであると思われます。本体の構造からしてもたくさんの薪を置いてガンガン燃やすというものではないので、使い方には注意が必要です。

調理は無理であくまで焚き火専用

ワイヤフレームフェザーには五徳アタッチメントは使えない仕様になっています。非純正の五徳を載せようと思えば載せられそうですが、フレームが上に物を載せる前提の構造になっていないため、やめておいた方が良いでしょう。あくまで焚き火専用と考えた方が良いです。

まとめ

ワイヤフレームフェザーは究極のミニマルデザインという感じで非常に洗練されたデザインだと思いました。調理用の焚き火台とは別に持っていくサブの焚き火台として使うのもよさそうです。

その他焚き火に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました