近藤製作所×村の鍛冶屋「鍛冶屋が叩いた鉄フライパン皿」登場

近藤製作所×村の鍛冶屋 鍛冶屋が叩いた鉄フライパン皿キャンプグッズ

近藤製作所と村の鍛冶屋のコラボ商品「鍛冶屋が叩いた鉄フライパン皿」が登場しました。円形の鉄板をコークス炉で熱し、木槌で叩いてひとつずつ成形した本格的な鉄フライパンです。直径22cmの大サイズと18.5cmの小サイズがラインナップされています。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: 村の鍛冶屋

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

鍛冶屋が叩いた鉄フライパン皿の特徴

鍛冶屋が叩いた鉄フライパン皿の主な特徴を見ていきます。

厚さ2.3mmの鉄フライパン

鍛冶屋が叩いた鉄フライパン皿は、皿としても使える厚さ2.3mmの鉄フライパンです。厚みがあるため蓄熱性が高く、食材を入れた後の温度下がりが少なくなり、肉は旨味を閉じ込めてカリッと焼き上げられます。

150年続く新潟県三条市の鍛冶職人近藤製作所が製作している製品です。円形の鉄板をコークス炉で熱し、木槌で叩いてひとつずつ成形しています。

焚き火や炭火、ガス火だけでなく、IHでも使用可能なので日々の料理にも使用できます。

別売りで鉄ハンドルも販売

別売りで同じく鉄製の鉄ハンドルも販売されます。ハンドルを使えば一般的なフライパン同様の使い方が可能です。

ハンドルは簡単に着脱できるようになっており、ハンドルを外せば調理後にそのまま皿として使えます。また収納時もハンドルが邪魔しないためコンパクトに収納できます。

直径22cmと18.5cmの2サイズ展開

サイズは直径22cmと18.5cmの2サイズ展開です。フライパンの表面は食用油で防錆加工済みなので使用前のシーズニングは不要です。

販売価格(大): 6,930(税込)
販売価格(小): 6,050円(税込)
販売価格(ハンドル): 5,280円(税込)

製品仕様詳細
■鉄フライパン皿大
材質:鉄(SS400・厚さ2.3mm)
表面処理: 食用油
サイズ:約22cm
高さ 約1.5cm
重量:約750g
製造 :新潟県 三条市

■鉄フライパン皿小
材質:鉄(SS400・厚さ2.3mm)
表面処理: 食用油
サイズ:約18.5cm
高さ 約2cm
重量:約538g
製造 :新潟県 三条市

■鉄ハンドル
材質:鉄(SS400)
表面処理: 食用油
サイズ:約26cm
高さ 約3cm
重量:約186g
製造 :新潟県 三条市

まとめ

鉄フライパン皿は、鍋敷きなどがあれば調理後にそのまま皿として使えるので非常に便利です。蓄熱性も高く食事中も保温できる点も便利でしょう。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他鉄フライパンに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました