【限定生産】テンマクデザインから「サーカスST DX ブラック」登場

テンマクデザインサーカスST DXブラックキャンプグッズ

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の人気ワンポールテントサーカスST DXに限定生産カラーの「サーカスST DX ブラック」が登場します。フロントフラップスペシャルパッケージとして本体だけでなくトリポットレギュラー、フロントフラップがセット販売されます。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: tent-Mark DESIGNS

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

サーカスST DX ブラックの特徴

サーカスST DX ブラックの主な特徴を見ていきます。

サーカスST DXが限定ブラックカラーで登場

テンマクデザインの人気テントサーカスST DXに、限定カラーのブラックが登場します。数量は明らかにされていませんが、今回限りの限定生産となるようです。

基本スペックは既存のサーカスST DXと変わりませんが、カラーリングがこれまでのサーカスシリーズにはない目を引くブラックカラーになっています。写真で見る限りでは完全なブラックといういうよりも、ダークグレー寄りのカラーに見えます。

ポリエステル製ということもあり、夏場の利用も想定して紫外線を吸収してしまうピュアブラックではなくこのようなカラーになったものと思われます。

細部までこだわられたカラーリング

幕本体だけでなく、細部にもこだわられたカラーリングとなっています。ファスナー部分はもちろん、トリプルファスナーの紐部分もブラックで統一されています。

ガイロープと自在金具もブラックカラーです。

収納ケースもブラックで統一されています。

トリポットレギュラー、フロントフラップとのセット販売

サーカスST DX ブラックは今回フロントフラップスペシャルパッケージという形で販売されます。本体に加え、同じブラックカラーの窓付きフロントフラップと、テントの内部空間を広く使えるトリポットレギュラーが付属します。

3商品を個別に購入すると61,600円(税込)となるところ、スペシャルプライスという位置づけで販売価格は53,680円(税込)となり、7,200円分お得になるとのこと。テントのみの単体販売はありませんが、単体販売を許容すると特殊カラーのフロントフラップだけ在庫が残り売れないということになるため、この販売方法が取られたものと思われます。

窓付きフロントフラップもトリポットレギュラーもサーカスST DXをさらに活用できるアイテムではありますが、不要な場合は通常通りサーカスST DXのみでも使用は可能です。

販売価格: 53,680(税込)

販売予定日: 2022年9月末~10月上旬

通常版はこちら

\今だけポイント最大10倍!/
楽天で探す

製品仕様詳細
■素材
フライ・裾部: ポリエステルオックス210D
加工 表面撥水加工
フロントフラップ: ポリエステルオックス210D
加工 表面撥水加工
ウェビングテープ類: ポリプロピレン
ポール: スチール製5本継ぎ(φ32mm×2,800mm)×1、スチール製3本継ぎ(φ22mm×2,000mm)×1
収納ケース: ポリエステル210D(表面撥水加工)、ポリエステルメッシュ
■耐水圧
1,500mm
■サイズ
収納サイズ(約): 650×330×330(高)mm
組立サイズ: 本体:4,420×4,200×2,800(高)mm
フロントフラップ:(約)6,260×1,920(高)mm
■重量
総重量(約)11.77kg
構成物:ペグ/張り綱/ポール/収納ケース/設営用ガイドセット/樹脂キャップ/カラビナ付きフック 含む
本体重量(約): 4.49kg(幕体のみ)
フロントフラップ(約): 1,52kg(幕体のみ)
ポール: メイン(約)2.34kg サブ(約)0.94kg
■付属品
ペグ(本体用)×16本、ペグ(フロントフラップ用)×1本、ペグ(設営ガイド用)×1本、張り綱×6本、収納ケース×6、設営用ガイドセット、樹脂キャップ、カラビナ付きフック
■原産国
ベトナム

まとめ

昨今のテンマクデザインは大量に在庫処分セールを行ったり値上げ対応に伴うラインナップの乱立など迷走気味ではありましたが、今回のサーカスST DXブラックは争奪戦となるでしょう。限定生産ではなく通常ラインナップにしてもらいたいという声が多く上がりそうです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他テンマクデザインに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました