【4月下旬発売】テンマクデザインから ペポ クイックキャビン登場

ペポ クイックキャビンキャンプグッズ

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)とSOLUM(ソルム)のコラボシリーズペボから待望のシェルター ペボクイックキャビンが2021年4月下旬に登場します。ペボライトとの連結も可能で、色々な使い方ができそうです。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: tent-Mark DESIGNS

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ペポ クイックキャビンの特徴

ペポ クイックキャビンの主な特徴を見ていきます。

リビングとしても、2ルームとしても使え、ペポライトと連結も

ペポクイックキャビンの最大の特徴は、様々な用途に合わて利用できる点です。リビングシェルターとして使う場合は壁1面を跳ね上げることで開放感を味わうことができます。

ハーフインナー(別売)を使えば、2ルームテントのように就寝スペースとリビングスペースを区切って使うことも可能です。

グランドシート(別売)もあり、これを使えばお座敷スタイルにも対応できそうです。

跳ね上げ部分は車とも連結させることができます。(連結用のパーツ等は付属しません)車中泊される方はリビングシェルターとして使いやすいでしょう。

ペポクイックキャビンはカラーリングやデザイン等がペポライトと共通ですが、連結することもできるようになっており、就寝スペースとリビングスペースを分けることで広々と過ごせるようになります。

4面メッシュでシェルターとしての使い心地も抜群

シェルターとしての使い勝手にも妥協はなく、壁4面をメッシュにして夏場でも虫の侵入を抑えながら風通しをよくできます。透明窓もあるため、冬場に暖かさを逃さずに外の景色を楽しむという使い方もできます。

屋根はポリエステル素材で防水、壁はTC素材で結露防止

写真のグリーンの部分が屋根で、ポリエステル素材です。防水、撥水性を高めながら軽さを維持しています。ベージュの壁部分はTC素材で、結露をある程度抑えてくれます。

発売予定日: 2021年4月下旬

販売価格: 69,800円(税別)

製品仕様詳細
■素材
・フライシート
コットン混紡生地(TC):ポリエステル65% コットン35%(加工:撥水加工)
・屋根・マッドスカート・縁部
ポリエステルオックス210D(撥水加工・テフロン+UVカット加工、PUコーティング)
・メッシュ
ポリエステルメッシュ75D
・ポール
ポール/スチール(黒)、ジョイント/ポリプロピレン(黒)
・収納ケース
ポリエステル

■耐水圧
1,500mm(屋根部)

■収納サイズ
(約)980×230×220mm(本体生地) 1000×200×200(高)mm(ポール)

■組立サイズ
・フライシート
(約)2,650×2,650×2,400(高)mm
・ポール
(約)2,600×2,600×2,400(高)mm(軒高1800mm)

■重量
・総重量
合計20.86kg
構成物 本体、ポール、ペグ、収納ケース
・本体重量
(約)8.23kg(幕体のみ)
・ポール
(約)9.8kg 

■付属品
ペグ×19本、張り綱×8本、収納ケース×2
※キャノピーポールは別売りです。

まとめ

テンマクデザインからはミグラテール、ガレージテントに続く3つ目のロッジ型テントとなります。ミグラテールは販売直後すぐに完売してしまいました。見た目のかわいさもありながら高い居住性が人気なのだと思われます。ペポクイックキャビンも人気が出そうなので、気になる方は販売タイミングをお見逃しなく。

その他テントに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました