テンマクデザインからアルミポール採用の軽量ツーリングテント「テンゲルスタンダードライト」登場

テンマクデザインテンゲルスタンダードライトキャンプグッズ

tent-Mark DESIGN(テンマクデザイン)の人気ツーリングテント テンゲルスタンダードの軽量版「テンゲルスタンダードライト」が2022年4月下旬から発売されます。アルミポールを採用し総重量を3.95kgに抑えています。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: tent-Mark DESIGNS

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

テンゲルスタンダードライトの特徴

テンゲルスタンダードライトの主な特徴を見ていきます。先日登場したテンゲルコンパクトに続き、テンゲルスタンダードにもライトモデルが追加されたことになります。

テンゲルスタンダードに軽量版が登場

テンマクデザインのソロ用ツーリングテント、テンゲルスタンダードに、アルミポールを採用して軽量化を果たしたテンゲルスタンダードライトが登場しました。サイズなど基本仕様はそのままに、軽量化により通常版では4.76kgだった総重量がライトでは3.95kgまで軽くなっています。

フライシートはPUコーティングされたポリエステルリップストップ68D、耐水圧は1,500mmです。

広い前室、キャノピーポールで跳ね上げも可

テンゲルコンパクト同様、出入り口は前室横のパネルを開けることでプライバシーを確保しつつ、出入りができるようになっています。

別売りのキャノピーポールでキャノピーを跳ね上げれば、前室を日除けスペースとして使うことができます。

インナーは145×225cmでゆったり

インナーテントは145×225cmでソロ用としては十分な空間があり、ツーリングの荷物を置くスペースも十分あります。出入り口は前後についており、通気性を確保できます。

インナーテント下部には大型ポケットがついており、スマートフォンなどの小物を入れておくのに便利です。

販売価格: 28,380円(税込)

発売予定日: 2022年4月下旬

テンゲルスタンダードはこちら

製品仕様詳細
■素材
フライシート: ポリエステルリップストップ68D(加工:PUコーティング)
インナー: ポリエステルリップストップ68D
フロア: ポリエステルタフタ75D(加工:PUコーティング)
ポール
・メインポール(GRAY色):アルミ合金製10節継ぎ(φ9.0mm/4,110mm)×2本
・前室ポール(BLACK色):アルミ合金製11節継ぎ(φ9.0mm/4,570mm)×1本
■耐水圧
フライシート1,500mm、インナーフロア1,500mm
■収納サイズ
※収納方法により収納サイズは変化いたしますので、参考値になります。
(約)460×180(直径)mm
■組立サイズ
フライシート: (約)3,100×2,250×1,500(高)mm
インナーテント: (約)1,400×2,200×1,280(高)mm
前室奥行き: (約)1,200mm
後室奥行き: (約)500mm
■重量
総重量: (約)3.95kg(ペグ/張り綱/収納ケース含む)
本体: (約)3.56kg(フライシート/インナーテント/ポール)
■付属品
ペグ×13本、張り綱×4本、収納ケース×3
■原産国
ベトナム

まとめ

テンゲルスタンダードにも待望のライトモデルが登場します。通常モデルとライトモデルで価格差は7,000円ほどですが、800g軽量化されています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他ツーリングテントに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました