【21年秋発売予定】テンマクデザインの焚き火ハンモック

タキビハンモックキャンプグッズ

2021年4月3日、4日に開催されたアウトドアデイジャパンにてtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の焚き火ハンモックが公開されました。ハンモックのみで安心して眠れるように設計したという本製品の詳細をレビューします。

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

アウトドアデイジャパン2021東京で初公開

以前テンマクデザインのソーシャルメディアでもハンモックを開発していることが言及されましたが、2021年4月3日、4日に開催されたアウトドアデイジャパン2021東京で初めて開発中の現物が公開されました。

※本記事はイベントブースにて展示されていた商品情報を元に構成しています。正式発売が予定されている2021年秋まで製品デザインや仕様は変更となる可能性がありますので、予めご了承ください。

焚き火ハンモックの特徴

焚き火ハンモックの主な特徴を見ていきます。

360度TC素材で安心して眠れるよう設計

焚き火ハンモックはすべてTC素材でできています。スタッフの方曰く「安心して眠れるように設計した」とのことで、構造上の工夫が随所に見られます。フルクローズ時は360度TC素材で覆われるため、雨が浸水することもないですし、寒さも防ぐことができます。最終的に生地の面積はパンダTCよりも大きくなったとのこと。

タキビハンモック

ハンモック内部はアーチ型のフレームで2箇所球状の構造を維持する設計になっています。これにより、ハンモック内部は体重により狭くなることはなく、フラットなスペースを維持できるようになっています。また、大きく寝返りをうってもハンモックがひっくり返らないようになっているとのこと。

タキビハンモック

中央部分に座るとハンモックがぐっと下がり、椅子として使うこともできます。

半面ずつフルクローズ、メッシュ、フルオープンの切り替えが可能

焚き火ハンモックは半面ずつフルクローズ、メッシュ、フルオープンできる構造になっています。オールシーズン雨でも晴れでも快適性を追求できるようになっています。また、中央部には小窓がついています。

タキビハンモック

プライバシー確保のため、ドレープ中央部分は少し長くなっており、横側から覗かれた際にもハンモック内部が見えないよう工夫されています。内部のフレーム部分のメッシュもファスナーで開閉が可能です。

タキビハンモック

底部へのマット挿入、荷物置き、メッシュポケットなど快適性を追求

他にも利便性を高める様々な工夫が施されています。フレーム部分から先端部分にかけての三角錐スペースは荷物置きにすることができ、両端に2箇所このスペースがあります。ソロキャンプの荷物であればある程度しまえます。

タキビハンモック

ハンモック底部にはマットが挿入できるようになっており、ある程度厚みのあるエアマットもしまえそうでした。これにより、底冷えを防ぎ、寝心地もより良くすることができます。メッシュ内側には各コーナー4箇所にメッシュポケットがあり、スマートフォンや小物などの収納に便利です。

タキビハンモック

フルTC素材のためある程度重量もあるものの、収納サイズはソロ用のテントと比べるとそれほど大きくありませんでした。販売価格は3万円台を予定しているとのこと。(※正式販売時には変更となる可能性もあります)

タキビハンモック

販売価格: 未発表

製品仕様詳細
未発表

まとめ

初めて実物を見た焚き火ハンモックですが、もう商品化していいんではないかと思うほど完成度が高かったです。ソロキャンプであればこれ1つでテントがいらなくなるのでは?というほど快適性の高い仕上がりだと感じました。まだ販売開始はだいぶ先になりますが、楽しみに待ちましょう。

その他テントに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました