【キャンプ場レポ】ウエストリバーオートキャンプ場(2/3)サイト選び編

ウエストリバーオートキャンプ場キャンプ場

山梨県にあるウエストリバーオートキャンプ場のサイト選びについて解説します。A〜Hサイト、J、Wサイトがあり、11種類のサイトの中から予約時に1つ選ぶことになります。各サイトのメリット、デメリット、特徴をご紹介します。

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ウエストリバーオートキャンプ場のレビュー編はこちら。

ウエストリバーオートキャンプ場のサイトマップ

(写真に光が反射してしまっており見にくいですが、)ウエストリバーオートキャンプ場のオートキャンプサイトはすべて管理棟のある側とは川を挟んで反対側に寄っています。11種類のサイト種別ごとに料金や設備面が異なり、予約時に選択します。サイト種別の中の具体的な区画を指定することはできず、チェックイン時に割り振られた区画へ移動します

ウエストリバーオートキャンプ場

※コールマンⅠ、Ⅱという謎のサイトができていました。(以前はなかったような…)おそらくですが、Jサイトを一部改変した常設テントのサイトなのかもしれません。
※Fサイト内にSサイトというものがあるようです。こちらもWebページに記載がないのでグループ用の特別サイトだと思われます。

結論

ウエストリバーオートキャンプ場のサイト選びの基準は、1) ペットを連れて行くかどうか、2) AC電源が必要かどうか、3) 川沿いを選ぶかどうか の3点に集約されます。

  • ペット連れでAC電源必要→Aサイト
  • ペット連れだがAC電源不要→Fサイト
  • ペットなし、AC電源必要→Bサイト
  • ペットなし、AC電源不要→Wサイト

がおすすめです。

サイト種別サイト数定員価格広さ(㎡)AC電源ペット位置
Aサイト6511,400円150川沿い
Bサイト7511,100円100川沿い
Cサイト1359,900円80陸側
Dサイト1359,900円70川沿い
Eサイト858,700円60陸側
Fサイト6510,500円140高台
Gサイト259,900円130川沿い
Hサイト259,900円170陸側
Jサイト2812,600円110陸側
Wサイト4813,500円100川沿い
コールマン2?????陸側
合計65

今回は結論にかなり主観を入れたので前提条件の補足です。

  • おそらくペットなしでもペット可のサイトの予約はできそうですが、そうするとペット連れで本当に使いたい方が予約できなくなってしまうので、おすすめの対象から外しています。
  • 陸側のC、E、Jサイトはおすすめから外しています。私は宿泊していませんが、近くを通る限り周囲を他の区画に囲まれてしまうため、がやがやしていてリラックスできなそうな印象を受けました。
  • ペット連れの方の選択肢はいくつかありますが、Fサイトは高台にあり他のサイトと完全に一線を画しており静かに過ごせるのでイチオシですが、川からは遠くなるので川遊びを重視したい方にはA、G、Hサイトがおすすめです。

各エリア特徴

各エリアの特徴を深堀りしていきます。(今回宿泊者が多く写真がほとんど撮れなかったので公式サイトからの引用となります。)

Aサイト

ペット可、AC電源ありで広さ150㎡のサイトです。ペット連れでAC電源が必要な方にはこちらがおすすめです。

川沿いではあるものの、フライ・ルアーフィッシング用のエリアなので釣りをする人で騒がしいということはありません。管理棟から橋を渡って右側に位置しており、人があまり通らないので静かに過ごすことができます。

柵がありペットが出てしまうこともありません。地質は芝サイトで、芝保護材が合わせて敷かれています。

Bサイト

AC電源あり、ペット不可サイトの中では一番広いBサイトです。広さは100㎡あり、縦長になっています。

川沿いのサイトなので川の流れを眺めながらキャンプができます。

Cサイト

Cサイトは陸側に位置しており、広さは80㎡です。テントだけでタープを張らないという方には広さ的には十分かもしれませんが、C5〜C7サイトにいたっては前後左右を他のサイトに囲われてしまう形になってしまうので、静かに過ごしたい方にはおすすめしません。

隣の区画とは高低差をつけて目線が合わないように工夫はされています。

Dサイト

Dサイトは川沿いのAC電源付きサイトです。広さは70㎡とCサイトよりもさらに一回り小さくなります。

こちらも地質は芝サイトです。

Eサイト

Eサイトはウエストリバーオートキャンプ場内で最小の60㎡のサイトです。駐車スペース15㎡込で60㎡なので、テントを張れるのは実質45㎡ということになります。

大型テントを張る予定のある方は事前に寸法等をご確認ください。

Fサイト

Fサイトはウエストリバーオートキャンプ場の中でひときわ異彩を放つサイトです。Jサイト奥の急坂を登った高台にあり、森林に囲まれたこのサイトは明らかに他のサイトと別世界感が広がっています。

サイト数は6サイトしかありませんが、静かに過ごしたい方には非常におすすめのサイトです。

地質は芝で、AC電源なしです。

G、Hサイト

G、Hサイトはウエストリバーオートキャンプ場内で唯一の砂利サイトです。水はけは芝サイトよりもいいので、天候が不安定な時期には砂利サイトの方がおすすめです。遊具エリアと管理棟に向かう橋に隣接している場所なので、残念ながら日中は騒がしいです。

Gサイトは130㎡で川沿いとなります。奥のサイトの方は木の下にありプライベート感が高かったです。

Hサイトは170㎡とGより広いにも関わらず利用料は同額です。川沿いではないものの、反対側から川を眺めることはできそうでした。

Jサイト

背中合わせにあったCサイトとEサイトを統合したようなサイトがJサイトです。

その分広さは110㎡と広く、ゆったりサイトを使いたい方におすすめです。

場所としては炊事場に近く四方を他のサイトに囲まれる形になるのでこちらも静かに過ごしたい方にはおすすめしません。

Wサイト

ペットなし、AC電源不要な場合に一番おすすめなWサイトです。料金はウエストリバーオートキャンプ場内で一番高いですが、川沿いでゆったりと広く使えるサイトが魅力です。

遊具エリアの向かいであり、水遊びエリアに降りる階段の前のサイトなので、日中は騒がしいです。W2、W3サイトに関してはマナーの悪い方が何度も何度もサイト内を横切っていきます。(チェックイン時の説明を動画にした弊害がこういう所で出てしまっていました…)

W1、W4ではそのようなことが比較的少ないので、その2区画が割り当てられるよう願いましょう。

ウエストリバーオートキャンプ場

予約時のサイト選び

ウエストリバーオートキャンプ場では、予約時にサイト種別を選択する形式であるものの、予約時に具体的なサイトの場所までは指定できないようになっています。全サイトをこのように俯瞰的に見てみると、ドッグラン付きのサイトの方が広さの割に価格が安く㎡単価が安くなっています。もう少し価格調整があってもよいかと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました