【キャンプ場レポ】ウエストリバーオートキャンプ場(3/3)過ごし方編

ウエストリバーオートキャンプ場キャンプ場

2021年の5月上旬に山梨県のウエストリバーオートキャンプ場でキャンプしてきました。キャンプ場でのアクティビティ、見どころ、立ち寄り地、子どもの遊び場、食事など、キャンプ中の過ごし方をご紹介します。

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ウエストリバーオートキャンプ場のレビュー編はこちら。

サイト選び編はこちら。

予約まで

連休期間中ということもあり、例年通り3ヶ月前から予約をスタンバイしていましたが、やはり人気の某キャンプ場が予約開始後数分で埋まってしまい、ネット予約が取りやすく、一度訪れたことのあるウエストリバーオートキャンプ場を予約しました。

ウエストリバーオートキャンプ場は自前で予約サイトを所有しており、ベストレート保証もされていて、なおかつ予約しやすいサイトのつくりになっています。事前にどのサイトを予約するか決めておけば迷うこともありません。

初日

天気: 曇のち雨、最高気温: 23℃、最低気温: 7℃

チェックイン〜設営

オフィシャルのチェックイン時間は14時からですが、12時半に着いてしまい、相談したらチェックインできました。こういう柔軟な対応素敵です。(前の方がまだ残っている場合などは早く着いてもチェックインできないのでご注意ください。)

ウエストリバーオートキャンプ場

今回Wサイトに宿泊しました。広さは100㎡ということでしたが、体感的にはもっと広いように感じました。チーズタープとサーカスTC DXを思いっきり張ってもまだスペース余るくらい広いです。

ガスグリルで夕食

以前もご紹介しましたがWeberのガスグリルQ1250を購入して2回目のキャンプとなるので、今回もチャコールグリルは使わず、ガスグリルのみで夕食を調理しました。

しつこいですが、ガスグリルは本当に楽な上においしく仕上がるので超重宝しています。なんなら2021年で購入したキャンプグッズの中で一番活躍しています。準備も片付けも一瞬で終わるので調理の煩わしさから開放されます。

ウエストリバーオートキャンプ場

安いポークステーキも蓋を閉じて焼くだけでオーブン効果でやわらかくジューシーに焼けます。

ウエストリバーオートキャンプ場

今回新たにチャレンジしたのがこのしいたけ。BBQ検定を受けると焼き方を習うメニューです。

ウエストリバーオートキャンプ場

しいたけは軸を切って弱火でじわじわ焼いていると、出汁が滲み出てきます。こうなってくると何もつけずに、しいたけの出汁だけでおいしく味わえます。ガスグリルでなくとも火加減気をつければできるのでぜひお試しください。

ウエストリバーオートキャンプ場

雲行きが怪しくなり夜は雨に

昼間の時点で雲行きがかなり怪しく、午後からパラパラ雨が降っていましたが、夜になると本格的に降り出しました。前回のキャンプに続き雨です…。今回は風がそれほど強くなかったのでまだましでしたが。

ウエストリバーオートキャンプ場

2日目

天気: 曇り時々雨、最高気温: 21℃、最低気温: 8℃

天恵泉 白根桃源 天笑閣へ

川向の温浴施設天恵泉 白根桃源 天笑閣へ行きました。コロナ対策は万全で、スタッフの方もとても親切でしたし、施設内はそれほど大きくないものの、3つの温度のお風呂があり、泉質はアルカリ性で確かに入浴後手がすべすべになる感じを味わえます。

とても良い施設でしたが、残念なことに私が入浴した際は、年配の方が温泉のお湯で口を濯ぎ浴槽内に吐き出すというありえないことをしていたので即出ました。いいお風呂なのにこういう方がいるのが本当に残念です。なるべく空いている時間に行かれることをおすすめします。

ウエストリバーオートキャンプ場

ちなみにお風呂を出た後に入館されていた他の方が「ウエストリバーオートキャンプ場に宿泊していて割引が受けられると聞いたんですけど」という趣旨の話をされていました。裏取りしていませんが、割引があるようなので、キャンプ場に確認してみてください。

ニジマスつかみ取りに大興奮

ウエストリバーオートキャンプ場では場内中央を流れる川で釣りができますが、私は釣りが不得手なので、溜池の方でできるニジマスつかみ取りに参戦しました。子どもも大興奮でしたが、ニジマスが超速く泳ぐので子どもには相当難易度が高いです。大人の助けがないとなかなか掴めません。

ウエストリバーオートキャンプ場

つかみ取りしたニジマスは有料で唐揚げにしてもらえます。自分で捌けば無料です。

ウエストリバーオートキャンプ場

焚き火タイム

初日は結構な雨だったので焚き火がほとんどできず、2日目に消費できなかった薪を思う存分使います。

ウエストリバーオートキャンプ場

川の流れる音を聞きながら日暮れとともに焚き火を堪能できるというのはこのキャンプ場の大きな魅力ですね。

ウエストリバーオートキャンプ場

焚き火台はソロストーブレンジャーを使っています。これも超絶かさばりますし重いので車載大変ですが、それだけの価値があると感じています。

3日目

天気: 晴れ、最高気温: 21℃、最低気温: 7℃

最終日朝食片付け問題

これは共感いただける方は多いと思いますが、キャンプのチェックアウト日の朝食片付け問題があるかと思います。大概のキャンプ場のチェックアウト時間は11時です。ファミリーキャンプの場合、撤収に数時間要することを考えると、朝はあまりゆっくりできません。私の場合は3時間かかるので、8時から撤収を開始しないと間に合いません。そうなると、ゆっくり朝食を食べる時間はないですし、朝食後の洗い物は乾かす時間もないので、極力少なくする必要があります

そこで今回編み出したのが、ガスグリルとアルミホイルの合わせ技です。アルミホイルで鮭をホイル焼きにし、プレートを作ってウインナーとパンをすべて同時に焼きます。グリルの網は汚れないですし、ホイルを皿代わりに使うと、割り箸さえあれば一切洗い物が出ません

ウエストリバーオートキャンプ場

しつこいですが、ガスグリルが大活躍しています。

新緑を満喫して帰宅

チェックアウトまで少し時間があったので、最終日は天気が良かったこともあり場内を散策します。

ウエストリバーオートキャンプ場

新緑のタイミングということもあり、木々の緑と空の青さがコントラストになり非常に自然を満喫できました。

ウエストリバーオートキャンプ場

まとめ

今回は一度宿泊したことがあるキャンプ場で、雨は降ったものの比較的穏やかな天候だったこともあり、ゆったり過ごすことができました。リピートしたくなるキャンプ場は何度来ても落ち着くので、このようないきつけのキャンプ場を増やしていきたいなと思います。

その他キャンプ場レポに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました