ワークマン2023年春夏新商品「イナレムギアシェルター1」

ワークマンイナレムギアシェルター1キャンプグッズ

WORKMAN(ワークマン)の2023年春夏新商品として、イナレム生地を使った大型カマボコ型シェルター「イナレムギアシェルター1」が登場しました。ワークマンが独自開発したムレない透湿防水素材INAREM(イナレム)素材のシェルターです。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: WORKMAN

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ワークマン2023年春夏新商品

2023年2月にワークマンの2023年春夏新製品発表会が開催されました。詳細はこちらでご確認ください。

イナレムギアシェルター1の特徴

イナレムギアシェルター1の主な特徴を見ていきます。

大型カマボコ型のシェルター

イナレムギアシェルター1は、4本のフレームで立ち上げる大型のカマボコ型シェルターです。組立時のサイズは長さ約360×幅約264×高さ約193cmで、成人男性でも屈まずにシェルター内を歩けます。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

2人用の吊り下げ式インナーテントも付属します。出入り口は前後に設置されており、C型ドア構造でいずれもメッシュにすることができるため、通気性を確保できます。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

インナーテントを外してシェルターとして使うこともできます。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

耐水圧10,000mmのイナレム素材

アウターテント、フロアシートにはワークマンの独自透湿防水素材INAREM(イナレム)が使われています。耐水圧10,000mm 、透湿度:10,000g/ m2 /24hで高水準な防水性と透湿性を有しています。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

また、長辺側と短辺側にそれぞれベンチレーションが設けられており、シェルター内の通気性を確保できるようになっています。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

8箇所のパネルでアレンジ自在

長辺側に合計6枚、短辺側に合計2枚のパネルが設けられており、それぞれ巻き上げられるようになっているため、全パネルをフルオープンにするとタープのように開放的に使うこともできます。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

長辺のパネルはメッシュにもできるため、通気性を確保しながら虫などの侵入をブロックできます。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

雨天時や寒さが厳しいシーズンにはフルクローズにすることも可能です。

ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

販売価格: 38,000(税込)

製品仕様詳細
アウターテント:ポリエステル100%
インナーテント:ポリエステル100%
メインポール:アルミニウム
ペグ:アルミニウム
ロープ:ポリプロピレン100%

サイズ・スペック等
アウターテント長さ約360×幅約264×高さ約193cm(長さ:両端のメインポール間の長さを記載)
インナーテント長さ約210×幅約242×高さ約175cm
収納時長さ約65×幅約26×高さ約26cm
重量約15.3kg
ロープ12本
ペグ36本
メインポール4本
キャノピーポール2本
フライシート最低耐水圧値10,000mm
フロアシート最低耐水圧値10,000mm
ワークマンイナレムギアシェルター1
出典: WORKMAN

まとめ

ワークマンから大型のカマボコシェルターが登場しました。イナレム素材はシュラフにも転用されていましたが、今回はシェルターの生地として採用されました。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他ワークマンに関する記事はこちら。

タイトルとURLをコピーしました