山善×ホカロン 吸湿発熱素材採用の「ホカロン電気毛布シリーズ」登場

山善ホカロン電気毛布シリーズキャンプグッズ

山善からロッテの携帯カイロ「ホカロン」とコラボした「ホカロン電気毛布シリーズ」が登場しました。吸湿発熱素材「ホカロンフランネル」が採用されており、通常の電気毛布に比べより暖かい電気毛布になっているとのこと。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: 山善

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ホカロン電気毛布シリーズの特徴

ホカロン電気毛布シリーズの特徴を見ていきます。

吸湿発熱素材「ホカロンフランネル」で普通の電気毛布よりも暖かい

山善は以前から電気毛布製品を各種販売していますし、冬キャンプ用に使われている方も多いかと思います。今回新たに発売された「ホカロン電気毛布シリーズ」が一般的な電気毛布と異なる点は、毛布の素材です。

「ホカロンフランネル」という物質が水分を吸着した時に熱を発する吸着熱を利用した、吸湿発熱素材が使われており、通常の電気毛布と比べ暖かく使うことができます

山善ホカロン電気毛布シリーズ
出典: 山善

ダニ対策・本体丸洗い可能で衛生的

これは他の電気毛布でも搭載されている商品もありますが、シリーズ3商品すべてに“ダニ対策モード”が搭載されており、一定時間ダニ対策モードを稼動させるだけでダニを退治でき、その後、掃除機で取り除くことで清潔に保ちます。

山善ホカロン電気毛布シリーズ
出典: 山善

毛布本体は丸洗い可能なので、衛生面が気になる方も安心して使うことができます。

山善ホカロン電気毛布シリーズ
出典: 山善

選べる3サイズ

ホカロン電気毛布シリーズはサイズの異なる3商品から選ぶことができます。

ひざ掛けタイプ

販売価格: 6,578円(税込)

約120×60cmのひざ掛けタイプです。キャンプでもひざ掛けとして補助的に電気毛布を使いたいと言うときには便利でしょう。コンパクトである分、消費電力も一定に抑えられます。

山善ホカロン電気毛布シリーズ
出典: 山善

製品仕様詳細

定格電圧交流100V-50/60Hz
定格消費電力40W
本体寸法たて 約120cm よこ 約60cm
毛布材質表 面:ポリエステル100%発熱布:ポリエステル 100%
裏 面:・パイル糸(毛羽部分) ポリエステル100%
    ・地糸 ポリエステル54%・レーヨン46%
コード(電源側)長さ 約1.96m (本体側)長さ 約 0.65m
温度調節強、適温、弱
表面温度約40℃、約33℃、約23℃
電気代 (1時間あたり)約1.1 円、約0.7 円、約0.1 円
消費電力量約40Wh、約25Wh、約5Wh

敷タイプ

販売価格: 7,128円(税込)

約140×80cmの敷タイプです。キャンプではこのサイズ感が取り回しがよく活躍しそうです。羽織ることもできますし、就寝時に寝袋の下に敷いてもよいでしょう。

山善ホカロン電気毛布シリーズ
出典: 山善

製品仕様詳細

定格電圧交流100V-50/60Hz
定格消費電力50W
本体寸法たて 約140cm よこ 約80cm
毛布材質表 面:・パイル糸(毛羽部分) ポリエステル100%
・地糸 ポリエステル54%・レーヨン46%発熱布:ポリエステル 100%
コード(電源側)長さ 約1.96m (本体側)長さ 約 0.65m
温度調節強、適温、弱
表面温度約53℃、約33℃、約21℃
電気代 (1時間あたり)約0.9 円、約0.6 円、約0.4 円
消費電力量約35Wh、約22Wh、約13Wh

掛敷タイプ

販売価格:10,428円(税込)

約188×130cmの掛敷タイプです。これだけの大きさがあれば、就寝時に複数人で敷くこともできますし、1人で使えば全身を覆うことができるので、寒い夜でも暖かく過ごせそうです。

山善ホカロン電気毛布シリーズ
出典: 山善

製品仕様詳細

定格電圧交流100V-50/60Hz
定格消費電力75W
本体寸法たて 約188cm よこ 約130cm
毛布材質表 面:ポリエステル100%発熱布:ポリエステル 100%
裏 面:・パイル糸(毛羽部分) ポリエステル100%
・地糸 ポリエステル54%・レーヨン46%
コード(電源側)長さ 約1.96m (本体側)長さ 約 1.7m
温度調節強、適温、弱
表面温度約53℃、約33℃、約21℃
電気代 (1時間あたり)約1.5 円、約0.8 円、約0.4 円
消費電力量約57Wh、約30Wh、約13Wh

まとめ

9月も終盤に差し掛かり各社から秋冬の暖房器具が多くリリースされるようになりました。ストーブも重要ですが、就寝時にも安心して使える電気毛布はもはや冬キャンプの必需品になりつつあります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他暖房器具に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました