ハングアウトから炎と灯りを楽しむ焚き火台「KOMOREBI」登場

ハングアウトコモレビキャンプグッズ

家具メーカーの弘益が提案するアウトドアブランドHang Out(ハングアウト)から、煙突効果で燃焼効率が良く、炎と灯りを楽しむことができる焚き火台「KOMOREBI(コモレビ)」が登場しました。詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: Hang Out

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

KOMOREBIの特徴

KOMOREBIの主な特徴を見ていきます。

煙突効果で燃焼効率が良く炎と灯りが楽しめる

KOMOREBIは、商品名の通り、多重に重なったシェードの隙間からもれる焚き火の灯りを楽しめる焚き火台です。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

灯りを楽しむだけでなく、各シェードの隙間、最下部の灰受けの穴とロゴの切り抜きから吸気することで、煙突効果が発生し燃焼効果を高めます。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

冷たい空気を下から吸い上げて上昇させる力で、空気の対流を促進させ燃焼効率化が格段に上がります。コンパクトな焚き火台でありながらも、火付けも簡単にでき、川に落ちている木も燃え残りもなく灰しか残らないほどの燃焼力を楽しめます。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

また、シェードの組み替えで火力調節ができるのも特徴です。すべてのシェードを使えば煙突効果も最大になりますが、使うシェードの数を減らすと効果は小さくなっていき、火力は弱くなっていきます。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

焚き火調理にも対応

焚き火台の半分を覆うゴトクも付属しているので、焚き火調理も楽しめます。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

全面を覆うサイズではないため、調理をしながら薪をくべるスペースも確保できます。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

ゴトクの網目は太めになっており、高い強度を発揮します。耐荷重は公開されていませんが、ダッチオーブンも載せられるとのこと。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

A4サイズに収まるコンパクト収納

KOMOREBIの収納サイズはW300×D210×H70mmとなっており、A4サイズに収まるコンパクトさを実現しています。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

すべてのパーツがシェード(大)のサイズに収まりまる。シェードと灰受けは入れ子になり、お弁当のように収まるので、バッグやリュックに入れて気軽に持ち運びしやすくなっています。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

重量は約3kgです。

ハングアウトコモレビ
出典: Hang Out

販売価格: 17,600円(税込)

製品仕様詳細

品番KMB-01
サイズ商品サイズ:幅33×奥行23×高さ27 cm
梱包サイズ:幅38×奥行26×高さ12 cm
素材本体:シェード / 灰受け ステンレス(SUS304)
脚:スチール
塗装:脚部 / エポキシ粉体塗装
重量商品重量:3kg
梱包重量:3.75kg

まとめ

焚き火台は各社から様々なデザインのものが発売されていますが、シェードを重ねて煙突効果を発生させるという実用性と、シェードの隙間から灯りを楽しめるという情緒的な楽しみを兼ね備えた本製品はとてもユニークで新しい商品価値を提供しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

その他焚き火台に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました