ogawaからOEMの薪ストーブ ワークタフストーブ380アカネ登場

ワークタフストーブキャンプグッズ

ogawaから薪ストーブの新商品が登場しました。台湾発の人気薪ストーブ、ワークタフストーブのOEM(委託生産)製品で、「ワークタフストーブ380アカネ」です。ogawaが販売するモデルは本家と比べてどのように違うのか、詳細をレビューします。

アイキャッチ画像出典: ogawa

Twitterでも情報発信しております。よろしければフォローお願いします。

ワークタフストーブ380アカネの特徴

ワークタフストーブ380アカネの主な特徴を見ていきます。

4面耐熱ガラス(ogawa OEMモデルのみ)

ワークタフストーブ通常モデルとの一番の違いはこのガラス窓です。通常モデルでは、正面と右サイドのみがガラス窓となっていますが、ogawaの「ワークタフストーブ380アカネ」は正面、背面、両サイドの4面が全てガラス窓になっており、どの面からも炎を眺めることができます

見た目だけでなく、4面がガラス窓になることで放射熱量が増し、放射熱で100℃以上変わるとのこと。

ワークタフストーブ
出典: ogawa

右サイドのガラス窓にはogawaのテントロゴが刻印されています。

ワークタフストーブ
出典: ogawa

煙突、ロストルや収納バッグが付属(通常モデルと同等)

ワークタフストーブ通常モデルと同等ですが、「ワークタフストーブ380アカネ」には、本体の他、シェルフ、脚、ロストル、スクレーパー、煙突、タンバー付き煙突、煙突蓋が付属します。

ワークタフストーブ
出典: ogawa

組立時の高さは216cmになります。

ワークタフストーブ
出典: ogawa

380モデルのみだが奥行き40cm

ワークタフストーブ通常モデルは380、500の2サイズ展開ですが、「ワークタフストーブ380アカネ」は380モデルしか存在しません。380モデルでも奥行きは40cmあるので、ある程度の大きさの薪はそのまま使えるでしょう。

ワークタフストーブ
出典: ogawa

ストーブ正面にはogawaロゴが刻印されています。

ワークタフストーブ
出典: ogawa

販売価格: 65,780円(税込)

製品仕様詳細
■サイズ
組み立て時:約54.5x40x216cm(煙突+本体)、煙突Φ7.62cm

■重量
約10.0kg

■素材
本体:ステンレススチール
ガラス部位:耐熱ガラス5mm厚(正面ドア、両サイド窓、後面窓)
収納バッグ:ナイロン

ワークタフストーブ380アカネのここが気になる

持ち運び時のガラスの耐久性

4面ガラスというのは見た目としてもインパクトがあり、暖かさも期待できるということであれば、非常に期待が持てる商品です。ただその一方で、持ち運び時に何かの衝撃でガラスが割れてしまわないかとても心配です。純正のハードケースなどが一緒に提供されるとよいのですが…。

created by Rinker
Deelight
¥54,500(2021/05/06 16:23:52時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ワークタフストーブのOEMということで、単にogawaのロゴを付けただけの製品なのかと思いましたが、4面ガラスという独自性をしっかりと実装してきていたので驚きました。OEMというのはこうであるべきという今後のベンチマークになる商品だと思います。通常モデルと比べ価格も高いですが、それ以上の価値を提供できていると言えるでしょう。

その他ストーブに関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました